カンパチに寄生虫(アニサキス)は寄生するのか。

芸能人のSNSでの発言がきっかけで、その存在を知られることとなった「アニサキス」について。

鹿児島だけではなく全国的に人気を誇るカンパチにアニサキスは寄生するのか?気になりますよね。

今日は売り場に並んでいるカンパチの柵・刺身・寿司にアニサキスが寄生している可能性について書きます。

スポンサーリンク

カンパチにアニサキスは寄生するのか

スーパーやチェーンの回転寿司などのカンパチにアニサキスが寄生している可能性は、ほとんどゼロに近いです。

その大きな理由はスーパーや回転寿司に並んでいるカンパチのほとんどが養殖物だから。

天然物のカンパチは養殖に比べて高価なのでスーパーやチェーンの回転寿司に並ぶ可能性は非常に低いです。

仮に並んだとしても天然のカンパチにアニサキスが寄生する確率は低いし、販売側もプロなので目視による確認をしているので安心して良いと思います。

養殖のカンパチにはアニサキスは寄生しない

養殖物カンパチにアニサキスは寄生しません。

アニサキスは基本的に魚が食べるエサに含まれているので人工的なエサを食べている養殖カンパチに寄生することはないのです。

アニサキスが寄生する流れは以下

  1. 小魚がアニサキスを食べる
  2. アニサキスを体内に持っている小魚を大きな魚が食べる

この流れでアニサキスは寄生しています。養殖のさかなは、そもそも生魚をエサにしていないのでアニサキスが寄生することはありません。

小魚をエサにする天然ものは可能性あり

スーパーなどで見かけることは無いと思いますが、もし天然物を見かけたら可能性としてはゼロではないので注意。

ゼロではありませんが、可能性としてはほぼ0パーセントに近いと思っていいです。

天然カンパチ・養殖カンパチと表示されているのならアニサキスは心配する必要はありませんが、気をつけたいのが「ネリゴ(ネイゴ)」と表示されている天然カンパチの子供。

ネリゴにも寄生する可能性は低いですが、こちらは可能性は養殖ものや魚体の大きな天然カンパチと比べると寄生率は高くなります。

結論 養殖ものは寄生しない、天然物は多少の注意が必要

スーパーで寿司や刺身となっている養殖カンパチはアニサキスの心配は全くありません。

魚体の大きな天然カンパチも心配ありませんが、稀にネリゴ(カンパチの子供)を「天然カンパチ」と表示しているお店もあるので、天然ものは注意する必要はありそうです。

カンパチでもアニサキスが心配でしょうがない方は「養殖物」を選んで購入するとよさそうですね。

カンパチに関しての他の記事はこちら

スポンサーリンク