のどぐろ(あかむつ)の刺身と塩焼きは美味い!美味いけど….

写真は高級魚として名高い「のどぐろ」です。

「のどぐろ」という呼び名の方が知られていますが正式名称は「赤むつ」だってことは内緒。

そんな「のどぐろ」ですが、非常に脂の乗った魚で、煮つけ、塩焼き、刺身と、どんな調理法でも美味しく食べられることで知られていますよね。

さらにもう1つ、魚の中でも1・2を争うほど高いことが知られています。

この記事では「のどぐろは高いお金を払ってまで食べる価値のあるものなのか?」について書いてみたいと思います。

とりあえず「のどぐろ」ってどんな魚?という方もいると思うので少し解説してみましょう。

スポンサーリンク

のどぐろは「超」高級魚です

上述しましたが、のどぐろは魚の中でも1・2を争うほどの高級魚です。

季節や魚体(大きさ)によって価格は変動しますが、冒頭の画像の「のどぐろ」の魚体が500g~600gのもの。

価格は仕入れ原価で、な、な、なんと!3600円!

仕入れのキロ単価は6000円!ちょっとピンと来ないかも知れないので、参考までに他の魚と比較してみましょう。

他の「高級魚」として知られている魚と比較してみます。(季節や魚体で変動があります。私の地域でのキロ単価(平均)です)

魚種 キロ単価
金目鯛 2000円~3000円
シマアジ(養殖) 1500円~2000円
シマアジ(天然) 2000円~4000円
アマダイ 1500円~5000円
本マグロ(養殖) 4000円~6000円
ヒラメ(天然) 1800円~3000円
のどぐろ 3000円~10000円

天然の本マグロもキロ単価は信じられない価格になることもありますが、あれは初競りなどの価格なので例外にしてあります。

私の地域でのどぐろのキロ単価と同等の価格がつくのは「クエ」くらいのものかも。

ちなみにのどぐろは1キロ以上のものになると、さらに高くなることもあります。

料理法は「煮付け」が恐らく最強

写真のノドグロを購入して料理してみました。痛い出費だったことは言うまでもありませんが(笑)

以前、北海道に行ったときに煮付けは食べたことがあったので、今回は刺身、塩焼きを試してみることにしました。

見出しに結論を書いちゃってますが、刺身、塩焼きを食べた結果、煮つけ最強!という結論になりました。

のどぐろを食べるのなら煮付けを強く、強く!お勧めしておきます。

のどぐろのさばき方

のどぐろのさばき方についても軽く解説しておきます。といっても、他の魚のさばき方と手順は同じですが。

  1. うろこを取り、エラ、内臓を取りのぞく
  2. 水洗い
  3. 頭を落とし三枚におろす
  4. 腹骨、中骨を取り除く
  5. 皮を引き刺身に切る

上記の手順になります。

のどぐろを刺身にしてみる

まずはウロコを落とし、エラ内臓を取りのぞき水洗い。

参考 うろこの取り方と注意点

参考 魚のエラと内臓の取り方を分かりやすく解説してみる

続いて頭を落とし、三枚におろしていきます。

参考 頭と 魚の頭とカマの落とし方

参考 魚の基本的な三枚おろしと、大きな魚のおろし方

のどぐろの頭や骨についてですが、高い魚なので余すことなく使いたいですし、アラからも非常にいいダシが出るので捨てるのはもったいないです。

スポンサーリンク

ここから腹骨、中骨を取りのぞきます。

参考 魚の腹骨の取り方

参考 魚の骨抜きの方法と、抜くのがめんどくさい方へ

魚体の小さなのどぐろであれば中骨を抜いた方がいいかも知れません。

ちなみに、せっかくなので皮まで味わおうと背の身は「焼霜造り」にしてみました。腹身は皮を引いて食べることに。

焼霜造りはこちら→焼霜造り(焼き切り)の造り方を解説!

ここまで完了したら後は切るだけ。

刺身の感想

脂のある魚なので美味しいのは間違いありませんが、5切れほど食べたら満足ですわ。

個人的には皮つきより、皮を引いた方が好み。ここら辺は好みの問題になるので、どちらも試してみると良いでしょう。

ただ、思っていたほどは無かったというかなんというか。

続いて塩焼き

2枚おろしの状態で焼きました。

こちらは少しクセが感じられました。個人的にはあまり好きではなかったです。

一夜干しにしたら、また違っていたのかも。次は一夜干しにしてみます。

あと、もっと魚体の小さいもの(200g~300g)くらいのものであれば違っていたかも知れません。

のどぐろは高いお金を出して食べる価値があるのか?

他の魚と比較しても脂が非常に多い魚なので、煮つけにするのなら今までに食べたことのない感動があるかも。

個人的な感想になりますが、高いお金を払って食べるのなら「煮付け一択」になります。

刺身や塩焼きは、もっと単価の安い魚でも美味しいものがあるので、それらで充分かな、と。

興味あるかたは覚悟して近所の魚屋さんに注文してみると良いかも知れませんね(笑)

ちなみに「のどぐろの開き」は専門で販売している会社があります。良かったら覗いてみて下さいな。

こちら 日本唯一の熟成干物 紀州備長炭干し干物

スポンサーリンク