外税表示と内税表示の店があり買い物しずらくなりました【鹿屋市】

a0001_016523.jpg
皆さんの地域ではどうでしょう?4月の増税から「外税表示」の店と「内税表示」の店とありませんか?

外税なのは構わないのですが、せめて本体価格(税抜き価格)と税込価格を両方表示して欲しいものです。

安く見せようとするお店は外税価格?

価格を安く見せようとするお店は「外税価格」の傾向にあると思います。買い手の利便さは無視しての本体価格のみの表示をしているお店が見られます^^:

スーパーにとって利益を取りやすいのは「外税価格」だと思います。なぜ外税価格の方が利益が取りやすいのか?というと、例えば100円の商品で考えて見ましょう。

同じ100円で販売している商品で外税価格の場合は108円になりますよね?

内税価格のお店の100円の商品は100円で購入できます。

つまり消費税を店で負担するのか、お客に負担させるのかの違いです。もちろん消費税は国に収めるものなので消費者に負担して貰ったほうが店の利益は上がります。

こういった事情により外税価格の方が利益が取りやすいといえますよね。言い方を変えれば内税価格だと利益が取りにくいということになります。

あえて価格は据え置きで内税表示のお店

価格は据え置きで内税表示のお店というのは利益率が下がっていると思います。今まで5%払っていた消費税を8%払わなくてはいけません。

売り上げが大きくなればなるほど金額は大きくなります。

1000万円の売り上げがあったとして、消費税5%の場合は50万円の消費税を国に収めていたのですが8%に増税されてからは80万円の税を国に納めなくてはいけません。

増税により30万円の利益が削られているのです。

税込価格をきちんと表示しているお店

今まで100円だった商品の表示を

本体価格 100円
税込価格 108円

と表示しているお店は親切なお店だと思います。親切だと思う理由は「計算しやすい」からです。

企業の方針で「外税表示」にするのは構いません。これから先のさらなる増税を考えると賢い選択なのかもしれません。

しかし本体価格のみ表示して税込価格を表示していないのは「消費者の利便性を考えてない」と個人的には考えています。

表示方法で本当に親切なお店がわかる?

今回の増税による表示方法で「本当に親切なお店」が分かるのかもしれませんね。

買い手の利便性を考えずに本体価格のみのお店は….ですよね(笑)POP1つにしたって簡単だと思うんですよね。
本体価格に税込価格を表示するだけなんで。

本当にお客の利便性を考えるのであれば税込価格の表示もして欲しいものです。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

外税表示と内税表示の店があり買い物しずらくなりました【鹿屋市】
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク