見やすいサイトを作ることで「リピーター」を獲得しよう!見やすいサイト構築の為の条件とは?

a1750_000034.jpg

どうも^^見やすいサイトを日々研究していますがダメダメな@0822kiseki のんべえです^^

ブログ歴は長くはありませんが、沢山のブログを読んでいることに関しては中々のもんです 笑

今回は「見やすいサイト」を記事にしてみたいと思いますが、完全に僕の意見になることをご了承下さい。

スポンサーリンク

広告の配置について

「広告」を貼っているサイトやブログが悪いとは僕は思いません。

しかし「過剰な広告」はなるべく避けたいところですね…。

では過剰な広告というのは一体どんな広告なのでしょうか?

何の関連性も無い広告を表示している

例えばよく見かける例では、サイドバーに何の関連も無い広告を配置しているサイトをよく見かけますが、収益につながらない広告はなるべく表意させないほうがいいです。

もしサイドバーなどに収益の出てない、楽天、アマゾンなどの広告リンクが設置されているサイトは外したほうが良いでしょう。

クリック率が高いのであれば話は別ですがね…。

せっかく訪問してくれた(訪れてくれた)ユーザーが不快感を得るような広告を控えることが結果的「見やすいサイト(ブログ)につながります。

広告収入は上げたいですが、まずはコンテンツに集中して貰えるように心がけましょう。

まぁ僕もしびれを切らして記事中の広告を配置してしまいましたが…ね。

テンプレート

僕自身もブログを始めるに当たり、色んなブログやサイトを参考にさせていただきましたが、やっぱり一番見やすいブログやサイトは、背景が白系のカラーに黒形の文字が一番見やすいです。

というよりは、文字がはっきりと読めるテンプレートですね。

好みの違いもありますが、僕は上記の様なブログサイトが見やすかったです。

もう1つ、サイドバーのリンクの配置なども大事になります。

大事な事は訪問者が迷わないような配置を意識することが大事になります。

コンテンツ(記事)

さて、一番大事なコンテンツ(記事)ですが、「見出し」をはっきりさせることが大事です。

皆さんも普段スマートフォン等でよく見るブログやサイトを思い浮かべてください。

さーっとスクロールして「気になったポイント」だけを探していると思います。

読者に「自分に関連のある記事」を流し読みでも分かるようにすることで、訪問者(読者)が「知りたい情報」だけをピンポイントで探すことが出来ます。

「見やすいサイトやブログ」ほど、そういう細かい所に気配りをしてあります。

僕もそうですが「タイトル」でクリックするかどうかを判断して、冒頭の見出しで「読むか」を判断します。

そして「スクロール」して「気になる部分」を探します。

「見出し」に興味を引くものがあれば記事を読みます。

ここで考えてみましょう。もしも、見出しのない「文字だらけ」のブログであればどうでしょう?

コンテンツによっぽど魅力があるか、すでにあなたのブログの「ファン」になっている訪問者でなければ離脱する可能性のほうが高いでしょう。

「小見出し」は必ず活用することをお勧めします。

改行について

a1180_009655
改行は人それぞれやり方が違いますよね?

基本的には「読みやすい」文章構成であれば問題ないのですが、大体3行書いたら「改行」を入れたほうが個人的には読みやすいです。

僕も実際にうまく出来ません 笑

読みやすい記事であればあるほど、「改行」がうまくされています。

改行が旨くされていて文章構成がしっかりしていると、すっと頭に入ってきます。

何かうまくいえませんが…いつの間にか読みいってしまう記事は自分よりもかなり上手だと個人的に思っています。

本当に読みやすい記事は「ストレス」なく読めます。

画像やスクリーンショットの使用

文字で説明するよりも、画像を1枚貼り付けたほうが読み手に早く伝わる場合がありますよね?

どこかのサイトへの登録手順や、サイトカスタマイズの手順であったりと様々ですが、場合によっては「文字」よりも「画像」の方が伝わりやすい場合があります。

場合によっては「スクリーンショット」や画像の貼り付けはうまく使いましょう♪

PCでのスクリーンショットのやり方は、お使いのPCの「スクリーンショットのやり方」を参照してください。

僕の場合は「Windows」なので「Windows スクリーンショット」で検索します。

まとめページの作成

ブログというのはどうしても「過去記事」が埋もれてしまいがちです。

SNS等で定期的に「過去記事」として拡散している場合は過去記事が日の目を浴びることがありそうですが…。

普通に運営していても過去記事はどうしても埋もれてしまいます。

そんな「過去記事」を埋もれさせない対策としても「まとめページ」の作成は有効になります。

訪問者にとっての「ユーザビリティ」の向上にもつながりますし、何より訪問者が「知りたい情報」をすぐに探せるメリットもあります。

ユーザーの「利便性を高める」ことが結果的にリピーターの獲得につながります。

コンテンツが充実してきたら「まとめページ」の作成も視野に入れましょう。

最後に

「利便性の高いサイト(ブログ)=見やすいサイト(ブログ)」ということになります。

見やすいサイトの構築を心がけることは「リピーター」の獲得にもつながります。

自己満足のテンプレートや広告がメインになっているサイトを作ることは避けたいですね♪

また訪れてくれるサイトを作ることを心がけたいですね^^

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

見やすいサイトを作ることで「リピーター」を獲得しよう!見やすいサイト構築の為の条件とは?
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする