刺身の語源と大根と大葉の役割の秘密!考えた人は凄い

IMAG0906sasimivsburokku1.jpg

刺身の語源を皆さんご存知でしょうか?考えたことも無いですよね?

今日、ふと刺身のことを考えていて「刺身」って文字の通りなら刺してなくて切ってるんじゃ?と考えて興味が沸いてきました。

スポンサーリンク

刺身の語源

「切り身」ではなく「刺身」と呼ばれるようになった由来は、切り身にしてしまうと魚の種類が分からなくなるので、その魚の「尾鰭」を切り身に刺して示したことからであるという。一説には、「切る」を忌詞(いみことば)として避けて「刺す」を使ったためともいわれる。
引用wikipedia

簡単に説明すると、刺身の種類が分からなくなってしまうので「尾鰭(おひれ)」を盛りに刺して種類を分かるようにしたという説

「切る」という言葉が縁起が悪いので「刺す」にしたという説があるようです。

つまり、「マグロの切身」では縁起が悪いので、「マグロの刺身」と呼ばれるようになったというわけです。そういう経緯で今の「刺身」になったんです。

大葉の役割

a0002_010535.jpg

刺身には「大葉」が添えられている場合が多いですが。この大葉にはちゃんと役割があるのです。

食欲促進とか、口直しなんて言われていますが違います。大場の役割は「殺菌」です。確かに口の中の味を消すのには有効でしょう。

だけど「大葉」の一番の役割は「殺菌」」です。生ものには「菌」が発生する場合もありますが、大葉が殺菌してくれます。

大根(ツマ)の役割

刺身に添えられている「大根」、これは一般的に「ツマ」と呼ばれています。この大根にも役割があるのです。

大根も大葉と同じく「口直し」に最適です。さらには、消化を助ける効果があります。

僕らが当たり前のように食べている刺身にはこんな秘密があった

見た目だけの問題では無く、刺身を食べる際に美味しさを引き立てようと「大根」で口直しをします。

さらに消化を助けるので、お腹にも優しい。さらには生ものには「菌」が発生する場合もあるので、「大葉」で殺菌します。

美味しく食べる為に「口直し」に大根、生ものによる食中毒を防ぐ為に「大葉」、正に三位一体の形で「刺身」という食べ方になっているのです。

そこに「ピリッと」したワサビを加える事で、美味しい「刺身」が完成するんです^^

この記事のまとめ

何気なく販売されている「刺身」にはこんな秘密があったのです。

魚を食べる為に先祖の方々は考えて作っているのでしょう。今ほど、「医療」が発達していないので、殺菌を考えた作りになっています。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

刺身の語源と大根と大葉の役割の秘密!考えた人は凄い
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする