大型店と小型店は集客のスタイルが違う!賢く使い分けよう

a0960_000115.jpg

大型店と小型店、皆さんが良く買い物に行くのはどちらでしょう?大型店と小型店では集客のやり方が違ってきます。

僕の場合は、ほとんどが「小型店」を利用していますが、いわゆる小さいスーパーなどで買い物をする場合と、大きなスーパーや百貨店で買い物をする場合、お客はどう使い分けているのでしょう?

スポンサーリンク

大型店で買い物

大型店で買い物をする場合は、休日に家族で買い物に行く場合や時間つぶしにいく場合があると思います。

特に店内に飲食店などが入っている大型店には家族連れのお客が多く入っています。

ということは「休日」が集客のメインになるわけです。土、日など、一般の方が休日の場合は「大型店」の従業員は忙しくなります。

大型店のメリット

大型店で買い物をするメリットは、「品揃え」が小型店を圧倒している点や、「イベント」など休日に仕掛けを作る傾向にあるので、子供連れの方や家族で買い物に行く場合は「大型店」の方がメリットがあります。

さらに、大型店の場合はポイントカードなどの特典もあり高額商品などを購入する場合は、大型店で購入したほうがお得になります。

大型店は食料品だけでは無く、衣料、家電、インテリアなどの他のコーナーもあるのも魅力的です。

大型店のデメリット

例えば、?油を1本、刺身を1パックなど少しの買い物をする場合、店内が広すぎて時間がかかるのは大きなデメリットです。

刺身を1パック買いに行くのも遠い所まで歩かなくてはいけません。特にお年寄りの方には大変です。

簡単に言うと「売り場が広すぎる」のがデメリットになります。

小型店のメリット

a1180_000227.jpg

小型店のメリットはストレス無く買い物が出来る点が一番大きなメリットでしょう。

例えば「コンビニ」で買い物する場合は時間がかからないので、ストレス無く買い物できます。

店内もそれほど広くないので歩き回らなくてすみます。小型店で買い物をする場合は、大型店ほど歩かなくてもいいのです。

小型店のデメリット

大型店に比べ品揃えが薄いという点、さらにポイントカードやイベントが弱い点が挙げられます。

家電品などの特殊な商品はもちろんありません。

集客する曜日が違う

a0780_000071.jpg

前述した理由により大型店と小型店では集客する曜日が違います。大型店は土、日、祝日の集客型、小型店は平日の集客がメインになります。

家族でゆっくり買い物したい場合などは「大型店」、ちょこっとした物を1人で買いに行く場合は「小型店」になるでしょう。

傾向としては、小型店は1週間の売り上げがそれほど変動が無いのに対し、大型店は平日と、土、日、祝日の売り上げが平日の2倍、3倍になることもあります。

集客する場合はもちろん企画がある

特に大型店では集客するために休日や週末などはお買い得になる傾向があります。

もちろん小型店でも企画はあるのですが、大型店の方がメリットが大きいことの方が多いでしょう。逆に言うと大型店は週末、祝日に集客できなければ売り上げが上がらないことの方が多いです。

つまり、大型店は平日にはあまり力を入れない傾向があり(特定の曜日の均一祭などは除く)、小型店は平日に力を入れる傾向にあるということです。

賢く買い物をするなら、週末は大型店のイベント(ポイント5倍や、売り出し企画)を利用し、平日は小型店の売り出しを利用するのが良いと思います。

まとめ

大型店、小型店を使い分けて利用することで、かなりの節約になる場合もあります。

どちらにもメリットはありますが、前述したようにスタイルを把握して使い分けることが大事になります。

平日は目玉商品があまり無いものの、週末、祝日になると「超目玉品」が出たりする場合もあります。

まとめ買いをするなら「大型店」、足りないものを買うのなら「小型店」という使い分けも出来ます♪

地域に合わせた買い物をして賢く節約しましょう♪

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

大型店と小型店は集客のスタイルが違う!賢く使い分けよう
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする