自分の常識なんて捨ててしまおう!自分の当たり前は人の当たり前では無い!

HIRO2_odoroitahyoujyounoneko500_compressed.jpg

あなたは今の仕事を何年続けていますか?

職歴が長ければ長いほど頭が固くなってはいませんか?新しい意見を頑なに否定してはいませんか?

今の自分の仕事のやり方が、「当たり前」、「1番効率が良い」、「正しい」と考えてはいないでしょうか?

改革を恐れて新しい意見を否定していませんか?

そんな事をしているのなら今すぐに改善しましょう!人間は生涯勉強です。新しい意見にも、なるほど!と思う意見も必ずあると思います。

●今までの常識

以前の職業で、自分より年齢が上の方と仕事をする時に良く言われていた言葉がありました。

昔はこうやっていた!これが常識でしょ?

昔からしていた手法が今現在正しいのか?と、いうとそうでは無い場合があります。数年前に通用していた手法が今は通用しない場合なんていくらでもあります。

「昔の常識=今の常識」ではありません。もっと言うと、「あなたの常識=みんなの常識」ではありません。

●そんなの無理だよ!

GREEN_E20140125500_compressed.jpg

新しい意見が出たときに「そんなの出来るわけない!」とか、「無理だよ!」と否定していませんか?

「無理」からは何も起きません。「無理=なにもしない」という事になってしまいます。

何もしなければ失敗は無くても成功もありません。チャレンジ精神を持って失敗を繰り返す人は成功をつかむ可能性がありますが、何もチャレンジしない人は成功の可能性すら無いのです。

●頭を柔らかくしてみよう

まずは、自分の常識、当たり前というのを1度忘れて新しい意見に耳を傾けてみましょう!

そうすることで自分自身も成長していきます。人の意見に耳を傾ける事によって環境にも変化が出てくるかもしれません。

意見も色々ありますが、グチや不満などの意見では無くポジティブな意見や、仕事の業績にプラスになる意見には積極的に耳を傾けましょう。

●あなたの常識や当たり前

GREEN_YU20140125500_compressed.jpg

例えば精肉売り場で、「バーベキューの時は1人当たり○○gで計算するなんて皆知ってるでしょう!」と、あなたが考えていたとします。

それは、あなたの常識であって皆が知っているか?というと、そうではありません。

“この食材はこうして食べるなんて皆知ってるよー!”

自分では当たり前だと思っていることでも、お客が知らないことなんて沢山あります。

その、自分の中の常識を売り場でお客に伝えることは「親切」になります。お客の中には

“バーベキューの時の肉は1人当たり何グラムで計算するんだろう?”

このように考えているお客もいるかもしれません。POP1枚で伝えられることは売り場に表示しておきましょう。

それがお客に対する親切にもつながります♪

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

自分の常識なんて捨ててしまおう!自分の当たり前は人の当たり前では無い!
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク