歩留まり率を計算しよう!商品の原価を知る

写真 2015-02-10 9 45 30

「歩留まり」をGoogle検索したという事は、あなたは今「歩留まり率」について悩んでいるのでしょう。

急ぎの方もいるでしょうから、先に結論として数式を書いておきます。

(調理後、整形後)÷(整形前、調理前)×100=(歩留まり率)

になります。歩留まり率は、どういう場合に使うのかをこの記事で学びましょう。

スポンサーリンク

歩留まりとは?

まず、歩留まりというのは簡単に言うと「使える部分の割合」のことです。魚を例に例えてみます。

4キロの大きさの魚があり、キロ単価が1000円の場合。1キロ当たり1000円で、大きさが4kのカンパチなので

4k×1000円(キロ単価)=4000円

上記の場合の魚の1本の原価は4000円。この魚を調理せずに販売するのであれば、歩留まり計算は必要ないです。

量り売りした場合でもキロ単価1000円なので、グラム単価に直すと100g当たり100円になります。という事は100g当たり150円で販売しても利益が出ます。

1000(魚のキロ単価)×4(重さ)=4000円

原価は4000円で、グラム当たり150円で販売した場合

1500(販売価格)×4(重さ)=6000円

量り売りした場合の売価は6000円になりますが、ここまでは分かるでしょうか?この場合の利益はどうなるのでしょう。

6000円(販売価格)-4000円(原価)=2000円(利益)

上記のようになります。調理をしないで販売する場合は、上記の売価設定で何の問題も無いですが、調理をして販売する場合は歩留まり計算が必要になります。

歩留まり計算が必要な場合

魚、肉でも同様ですが、量り売りをする場合に歩留まり計算は大事になります。つまり「100g○○円」このような販売方法になります。

なぜ、量り売りをする必要があるのか?という点について説明します。あなたがお客だとして、4キロの魚が毎日食卓に必要でしょうか?

答えはNOです。

4キロの魚を仕入れたら、お客が望む量目の販売をしなければいけません。「柵売り」という販売方法がされるのはその為です。

今の主婦というのは無駄な買い物はしません。それだけ子育て世代には厳しい時代なのです。

皆さんが良く見る「ブロック販売」は、商品を小分けして販売されているのです。では、どのように販売価格を決めるのでしょう?

スポンサーリンク

調理した場合

魚でも肉でもそうですが、調理をすると商品にならない部分があります。魚でいえば、はらわた(内臓)、尻尾、中骨など、肉で言えば、脂身、スジなどがあります。

メジナの画像がありますので、例にしてみます。まずは調理前の状態

kagosima mezina

調理をすると

kagosima mezina 5

実際はしっかり量らないといけないのですが、およそ半分の重さになったとします。最初のメジナの写真は2キロの大きさのメジナです。

この場合で考えてみます。2キロのメジナをキロ単価1000円で仕入れたとして、メジナの原価は1本2000円。

調理すると半分の重さになるので、グラム単価で販売する場合は「歩留まり計算」が必要になります。

物流・流通の実務に役立つ 計数管理/KPI管理ポケットブック

新品価格
¥1,512から
(2015/6/19 22:22時点)

歩留まり率の計算式

上述したメジナで実際に計算してみましょう。メジナの最初の重さは2キロですが、調理後の重さは1キロの設定にします。

最初に書いた歩留まりの計算式に当てはめます。

1÷2×100=50

という計算式になりますので、この場合のメジナの歩留まり率は「50%」になります。それでは商品の原価を算出してみましょう。

メジナのキロ単価は1000円なので

1000(仕入れの丸単価)÷0.5(歩留まり率)=2000

上記の計算式で1キロ1000円で仕入れた魚の、調理した場合の歩留まりが50%だった場合の原価は2000円となります。

さて、理解できたでしょうか?このブログには他にも、数字管理の記事が多数ありますので参考になれば幸いです♪

売れる販売員が絶対言わない接客の言葉

新品価格
¥1,404から
(2015/5/20 22:16時点)

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

歩留まり率を計算しよう!商品の原価を知る
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする