秋の魚のバショウカジキが水揚げされています

basyoukaziki.jpg
鹿屋魚市場に秋の魚の1つの「バショウカジキ(秋太郎)」が、出荷されています。

バショウカジキの名前の由来は

第一背びれが大きいことで、芭蕉の葉を思い浮かばせる事でこの名前がついたようです。

バショウカジキの旬は9月~11月が旬といわれていますので先日、鹿屋の魚市場で最高値で「バショウカジキ」を落札した方に、バショウカジキの断面図を撮影させていただきました。

basyoukaziki1.jpg

ちょっと上の写真では分かりにくいと思いますが、脂がまだ乗っていない状態です。

basyoukaziki2.jpg

赤身が強くて凄く綺麗な色目ですが、脂が乗っていない状態のバショウカジキは本当に綺麗な色をしています。

競り落とした「大山ストアー」の社長さんに話を聞いたところ

まだ水温が高い影響で、脂が乗り切っていない。
水温がもっと下がってこないと、脂は乗らないよ。

ということでした。しかし、鮮度が良いので美味しいのは間違いないでしょう^^

バショウカジキは「水温が下がってくる10月以降」を狙うのがよさそうです。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

秋の魚のバショウカジキが水揚げされています
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク