うそ?肉みたい!脂が桁違い!鹿児島県産本マグロ!

honmaguro kagosima

上の画像は「本マグロの頭」です。鹿屋市の魚市場にて撮影しました。

鹿屋市の魚市場に出荷された本マグロで(株)田井村水産が落札しました。

田井村水産は以前も記事にした鹿屋市の水産会社です。

・品揃えがすごい!鹿屋市の水産会社 田井村水産

大きさは60キロほどでしたが、解体する様子を見ていたら見事に脂が乗っていて美味しそうでした。

●マグロの種類

マグロにも沢山の種類があります。

・本マグロ(クロマグロ)
・ミナミマグロ(インドマグロ)
・キハダマグロ
・ビンチョウマグロ
・バチマグロ

皆さんが見かける種類はこんな感じだと思います。中でも「本マグロ」は皆さん知ってのとおりマグロの中でも有名すぎるくらい有名ですよね?

●大トロ、中トロ

honmaguro kagosima 2

マグロといえば、大トロ、中トロが有名ですね♪上の写真は鹿屋魚市場で、田井村水産の社長さんが解体しているところを撮影しました。

見ただけで脂が乗っているのが分かりますよね?(笑)大トロ、中トロというのはマグロの身の中でも「腹身」と呼ばれる部位になり、大きなマグロでも少ししか取れない貴重な部位になります。

貴重な部分だからこそ価値があり高いのです。

●中落ち

honmaguro kagosima 1

中落ちはマグロを卸した際に、骨に残った身をスプーンなどで削った身のことを言います。

上の写真を見て分かるように、卸した後も身が残っていますよね?あれを最後に削るわけです。中落ちも1本のマグロから少量しか取れないので希少価値は高いです。

●鹿屋市の本マグロ

honmaguro kagosima 3

鹿屋市にも本マグロは水揚げされます。競りで転送業者さんが競り落とした場合は県外に発送されますが、鹿屋市の水産会社が競り落とした場合は「地元の企業に販売されることが多いです」。

つまり、鹿屋市でも本マグロは食べれます。

鹿屋市内でもスーパーや料理屋さんで「本マグロ」を販売しているお店もありますよ♪

鹿屋市で本マグロが水揚げされて販売されるときは教えてください!という方はメールフォームより一報くださいな♪
情報を流します(笑)

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

うそ?肉みたい!脂が桁違い!鹿児島県産本マグロ!
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク