メジナの刺身は主に3種類!調理法、食べ方を解説します。

kagosima mezina

釣り人には非常に人気のあるメジナですが、この記事でメジナの調理法に関することは全て解決してもらおうと筆をとりました。

基本的にはどんな食べ方をしても美味しい魚なので、好みの調理法にするのが好ましいのですが、今回はあえて「刺身」にする場合の調理法を詳細に解説したいと思います。

なぜって、私がメジナを食べるのなら「刺身」にすることが間違いないからです。メジナの刺身はマジで美味。

それではメジナの調理法について行ってみましょう。

スポンサーリンク

メジナ

調理法に入るその前に、メジナという魚について豆知識を共有しておきます。

メジナの旬

メジナは冬場が旬とされていて水温が下がると脂をもち非常に美味になります。

そういう理由から「寒い時期」が旬となり、秋の水温が下がる時期から温かくなるまで美味しく食べることが出来ます。

これは私見になりますが、目安としては11月後半~3月いっぱいまでだと思って良いでしょう。

脂の乗った時期のメジナは、どういう調理法でも美味しいです。

これが夏場になると磯臭さがあるクセのある魚に変身します。その理由として考えられるのは、メジナはどうやら「海藻」を食べるようで、夏場になると高温のせいか腹の中に入った海藻が時間の経過とともに磯臭さを放ちます。

市場で競り落とし調理をする際も、お腹に海藻のようなものが入っていることも多々あります。恐らくはこれが原因で夏場のメジナは磯臭くなるのだと推測します。

地域によって呼び名が違う

私が住んでいる地域の市場では「クロダイ」と呼ばれています。

これは間違いとかの類ではなく単純に地方名なんです。魚というのは地域によって呼び名が変わることは珍しくありません。

ちなみに2種類のメジナがいて、「尾長グレ」と「地グロ」と呼ばれるものがいます。

顔の横の黒い模様で見分けることができるのですが、写真を用意するのを忘れてしまいました。これは後日アップして解説します。

釣り人が喜ぶのは、かかった際にヒキが強いとされる「尾長グレ」です。

前置きはこれくらいにして、メジナの食べ方について書いていきましょう。

メジナの食べ方

考えつく魚の料理法の全てで美味しく食べることができるのがメジナ。

  • 刺身(焼き切り、湯引き)
  • 煮付け
  • からあげ
  • フライ、ムニエル
  • みそ汁
  • あんかけ

まぁ、どんな調理法でも、食べ方でも美味しいということです。この中でも特に私が勧めておくのが、ズバリ!刺身と煮付けです。

あ、みそ汁も捨てがたい。

冒頭でも書きましたが、この中でも「刺身」の調理法について解説していきたいと思います。

下処理までの手順も解説していますが、これは刺身以外の調理法、煮つけ、からあげ、みそ汁、あんかけ、その他の全ての料理にするにも必要な手順になるので必見です。

メジナの刺身は、生の刺身、湯引き、焼き切りがある

メジナの刺身といって3種類の食べ方があります。下処理までの手順は同じですが、そこからの調理法が異なります。具体的には以下

  1. 皮をはぎ生の刺身にする一般的な刺身
  2. 皮を強火で一気に焼き刺身にする焼き霜造り
  3. 皮に熱湯をかけ刺身にする湯引き

一口に「刺身」といっても3種類の刺身の方法があるんです。好みの問題になりますが、せっかく釣った魚なので全ての食べ方を実践してみるといいですよ。

上に挙げた方法で「1」だけは皮を取って刺身にしますが、2と3は皮を残したまま刺身にする手法。

なぜ皮を残すのか?その秘密は皮と身の間にあります。

スポンサーリンク

魚は全般的に身と皮の間にうまみがある。それはメジナも例外ではない

ほとんどの魚がそうですが、メジナも例外ではなく身と皮の間にうまみ成分があります。

だからこそ皮を残した刺身、焼霜造りや湯引きも好まれるんです。私もメジナの刺身は良く食べるのですが「焼き霜造り」が1番好きな食べ方ですね。

それでは、それぞれの作り方を解説していきます。まずは下処理の手順から。

メジナの3枚卸の手順

ウロコを取る

kagosima mezina 1

まずはウロコをはぎましょう。メジナの調理をする場合、注意点が1つあります。

ほとんどの魚にありますが、目の横に縦に通った線がありますよね?

メジナだけに限らず、魚のこの線の部分は非常に鋭く、怪我をする場合があるので注意しましょう。

ウロコを落とす際は、ヒレ、腹ビレなどに注意しながら丁寧に。怪我には十分気を付けてください。

頭を落としハラワタを取り出す

kagosima mezina 2

上の写真が「ウロコを取って頭を落とした」状態のメジナです。ここで1度「水洗い」してお腹やウロコを綺麗に流してください。

頭はみそ汁にも使えますので、みそ汁にしたい方は取っておきましょう。

スポンサーリンク

腹から順番に包丁を入れる

次に「腹」の方から包丁を入れていきます。

kagosima mezina 3

骨が比較的固いので骨に沿って包丁を滑らすような感覚で入れます。

「中骨」に包丁が当たる感覚が分かると思うので包丁が届いたら次は背中側です。

kagosima mezina 4

背中側も同じ手順で卸して行きます。中骨まで腹、背の方に包丁が入ったのを確認したら後は骨から身を離しましょう。

kagosima mezina 5

この状態になったら「3枚卸」の完成です。三枚おろしに関しては以下のリンク先で丁寧に解説してあるので参考にしてください。

参考:イサキの刺身!梅雨時期が旬のイサキの捌き方解説します

メジナの焼き切り、湯引き

これらも上のリンクのイサキの調理法に詳しく解説してあります。

簡単に手順を書いておきます。

  1. 氷水を準備する
  2. 三枚に卸したメジナの皮目に熱湯をかけるor焼く
  3. 氷水で〆る
  4. 切る

手順は以上になります。詳しくはイサキの刺身!梅雨時期が旬のイサキの捌き方解説します

最後に

さて、今回は「メジナ」の刺身を記事にしてみましたがいかがだったでしょうか?

メジナは旬の時期になるととても美味しい魚です。

夏場は磯臭いと言われていますが、鮮度がいい状態で調理すればそんなに気になるほどではありません。

せっかく釣った魚なので「美味しく」食べましょう♪ちなみに「焼き切り」をする場合は

手作り寿司、手作りタタキを作るとき絶対にあった方が便利なアイテム
釣り人、自宅で美味しい魚を調理したい方は必須のアイテムのご紹介です。 自宅で調理している時、「ちょっと炙ったら美味しそうだなー...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク