スロットで収入をプラスにする事は可能か?鹿屋市

a0002_000859.jpg

先日、副業についての記事を更新しましたが、その中に「パチンコ、スロット」で収入を得ていた時期があることを記事にしました。

実際にパチンコ、スロットで収支をプラスにする事は可能です。ではどうやってプラスにするのでしょう?

期待値というものを調べる

世間ではパチンコ、スロットブログでアクセスを集めまくっているブログもあります。そのブログの中でスロットでは
○○回転からが狙い目」というボーダーを定めているブログもあります。

このねらい目ラインは適当に決めてる訳ではないんです。その回転数から打てば「期待値がプラスになる」というシュミレーション値や理論に基づいてねらい目ラインを決めています。

つまり「ねらい目ラインの回転数から打てば理論上はプラスになる」わけです。期待値1000円の台を消化すればするほど理論上の数値に落ち着くわけです。

期待値の収束

期待値は「試行回数をこなせばこなすほど収束する」といわれています。

逆に言うと「回数をこなさなければ収束しない」とも考えられます。期待値2000円の台を5台消化したとして10000円のプラスになるか?と、いうとそうではありません。

もしかするとプラス10万円以上になるかもしれませんし、10万円以上のマイナスになるかも知れません。

しかし、試行回数をこなせばこなすほど「平均の値」に収束すると言われています。

期待値は平均値

間違って考えるといけませんが、期待値2000円の台を打ったからといって必ず2000円のプラスにはなりません。

期待値2000円というのは「平均して2000円になる」という平均値です。例えば600回転から打って+2000円の期待値の台があるとします。

600回転から100台消化したとして、期待値は20万円積んでいるわけですよね?

しかし、実質5万円のマイナスだったとしても600回転から打ち始めることを1000台、10000台と回数を重ねることにより「マイナス時の誤差が気にならなくなります」

サイコロでの例え

1~6までの数字がサイコロにはありますよね?このサイコロを振って「1」が出る確率は1/6の確率です。

このサイコロを10回振ったとして「1」が1度も出なかったとしても、次にサイコロを振るときに「1」が出る確率は上がりません。

しかし、サイコロを振る回数を増やすほど「1」が出る確率は理論上の1/6の確率に近づきます。

つまり、100回サイコロを振って1が出た確率が1/20だったとしても、1000回サイコロを振れば1/6の確率に近づきます。

期待値を積めば収支はプラスになる

以上の理由により「プラスにすること」は可能です。副業でスロットを打つのであれば月間単位での収支はマイナスになることも覚悟しておかなければいけません。

時間が取れない=試行回数が稼げない
試行回数をこなさなければ月間単位でマイナスになることは多々あります。しかし、年間単位ではプラスになります。(期待値があるラインから打ち始めることが原則)

※後、ヤメ時というものにも注意しましょう!ヤメ時を間違うと結局プラスマイナス0になっている場合があります。

最後に

衰退し続けているパチンコ業界ですが、未だパチンコ、スロットで生計を立てている方は多くいらっしゃいます。

うまく立ち回れば収支をプラスにすることは難しいことではありません。

鹿屋市は幸か不幸か「パチンコ屋」も多い都市ですので、パチンコ、スロット環境としてはいい環境といえます(笑)

しかし、実際に収支を上げることが出来たとしても「専業」になることは絶対にやめましょう。

あくまでも「小遣い稼ぎ」程度の感覚で遊戯することを強くお勧めします。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

スロットで収入をプラスにする事は可能か?鹿屋市
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク