折込チラシでは若年層のお客は引き込めないかもしれない!

a0002_000175.jpg

先日、近所のあるスーパーがいつもとは違ったスタイルの「売り出し」をしていました。

店内に「広告」が貼り出してあったので確認してみると目玉品ばかりでした。しかし、「新聞」を取っていない僕には「売り出し」があることさえ伝わっていないのです。

客層を見渡してみても「高齢者」が目立ちました。ここで考えたのですが、そもそも若年層は新聞を取る方が減っていく一方ですよね?

織り込みチラシは「昔ほど効果は無いのでは?」と考えました。自分の周りの人間で考えて見ましたが、新聞を読んでいる知人はほとんどいません。

現代はインターネットやSNSの普及により欲しい情報は簡単に得ることが出来ます。テレビ番組なども「スマートフォン」からも確認できますし、ニュースもそれで事足ります。

折込チラシによる集客

全ての地域に当てはまるわけでは無いと思いますが、僕の地域では新聞を購読している人限定の集客になると思っています。

同じ職業に当てはまる方は別だと思いますが、実際に知らない若年層は多いと考えています。

新聞を購読しているターゲットは「高齢者」が多く購読しているかと思いますが、これから企業が生き残っていくには「若年層」の集客も考えないと生き残れないと思います。

子育て世代の若年層のお客の方が「消費量」が高いですもんね。

若年層のお客に折込チラシの効果は?

僕もそうですが「子育て世代」に該当します。

そして僕も新聞を購読していない1人です。近所のスーパーが大きな売出しをしようと新聞を購読していない僕は知ることが出来ないのです。

ズバリ若年層のお客に折込チラシの効果は「弱い」と感じます。

新聞をこれから先、契約する予定もありません^^: 僕の勝手な推測ですが、これからの集客には「別の何か」が必要になってくるような気がします。

インターネットの普及

インターネットの普及で新聞から情報を得なくても良い時代が来ています。

折込チラシだけの為にコストをかけて新聞の購読の契約を結ぶ方は少ないと思います。

インターネットが普及していない時代に新聞というものは「貴重な情報源」だったと思いますが、現代ではリアルタイムで情報を得られます。

つまり「新聞」の掲載を待つより先に情報を得ることが出来ます。

若年層も お得情報は知りたい

もちろん若年層のお客は「特売情報」は欲しいはずです。

景気は決して良くない生活環境で「食費」などの負担を軽減できるわけですから「特売」を若年層に知らせることが出来れば「集客」はもちろん出来ると考えています。

だからこそ、これからの集客には「別の何か」が必要になってくると思います。

まとめ

集客の為に売出しをする際は「折込チラシ」による集客が定着していたわけですが、新聞を取っていない現代の子育て世代は特売の情報を知らないというのが現状だと感じています。

子育て世代はもちろん「消費量」が多いです。そして、これからの消費者の主役は「若年層」になることは必然です。

若年層、子育て世代に「特売情報」を知らせることが集客につながって行くのかもしれません。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

折込チラシでは若年層のお客は引き込めないかもしれない!
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク