マグロのブロック(柵)の選び方と切り方のコツ!これだけでOK!

「マグロ」って需要の高い魚ですよね?スーパーや魚屋さんでも「マグロの刺身」や「マグロのブロック(柵)」が販売されていますよね?

買うときに迷うことってありませんか?どこの部分が良いのかなー?とか美味しい部分はどこなんだろー?とか。今回はマグロの選び方のコツを記事にしてみたいと思います。

スポンサーリンク

キハダマグロの見分け方

マグロは鮮やかに発色しているものを選ぶのがポイントですが、具体的にどういうものが良いのか?について解説します。

マグロには沢山の種類があり、キハダマグロ、本マグロ、バチマグロ、ビンチョウマグロ、他にも数種類の「マグロ」と呼ばれるものがあります。

今回は一般的に販売されていて需要の高い「キハダマグロ」を例にしてみます。キハダマグロにも「生」のものと「解凍」のものがあります。

冷凍マグロ、キハダマグロどちらも同じような見分け方で問題ありません。

色目のチェック

一番大事な要素になりますが、「色」の見極め方になります。

マグロは鮮度が良いほど「色目」が綺麗で、鮮やかに発色してます。これは冷凍マグロも例外では無く、解凍から時間が経過すると「色目」が落ちてきます。

鮮やかに発色しているもの。を選ぶのがいいでしょう。

とにかく「赤く」発色していて見るからに美味しそうな色目のマグロを選びましょう。

逆に選んではいけない色目のマグロは

・ドリップ(水分)が出ているマグロ
・白く変色しているマグロ
・どす黒い(または緑がかった)色をしたマグロ

上記のマグロは選んではいけない色目のマグロになります。

まずドリップ(水分)が出ているマグロは、マグロの柵(ブロック)で販売されている場合はマグロの下にある「吸水紙(マグロの下に敷いてある水分を吸い取るシート)」を確認しましょう。

吸水紙が赤くにじんでいる場合は解凍してから時間が経っているマグロになります。

最悪な場合は前日の残り物などの場合もありますので、水分の出ていない発色したマグロを選びましょう。冷凍マグロは水分が出ることで色目が落ちます。

水分が出ることにより白く変色していきます。

さらに、どす黒い(緑色)に変色したマグロは鮮度が劣化しているマグロです。

冷凍マグロというのは、普通の冷凍庫に入れていても「霜取り」などで劣化します。さらに解凍方法によっても「変色」してしまいます。

保管の方法、解凍方法が出来ていないマグロは「鮮度」が落ちていきます。

例えば専用の「冷凍庫」に入れずに、普通の「冷凍庫」で長時間保管した場合は保管中に「鮮度が劣化」しますので、解凍したばかりでも直ぐに変色します。

緑色に変色しているマグロはほとんどがこれで、保管中に冷凍庫で劣化している場合が多いです。

上記の理由によりマグロは綺麗に発色しているものを選びましょう。

筋目を見極める

IMAG1196maguro suzime

写真は「本マグロ」になりますが、白いヒモのようなものが見えますよね?

あれが「スジ」というものです。スジが強く入っている場合は家庭用の包丁では切れませんし、スジは固いので口に残ります。

「スジ」が入っていない「部位(部分)」を選びましょう。

お店によっては「スジ」をうまく隠して販売するお店もありますので気をつけましょう。

消費者のことをしっかり意識しているスーパーでは「スジ」を取り除いて柵(ブロック)販売しています。

良いスジの入り方は

maguro suzimemaguro suzime

うっすらと右上に向かって線が入っているのが見えますでしょうか?

このような部位を選びましょう。刺身にする場合はこのような部位をおすすめします。

後、「天身」と呼ばれるスジが入らない部分もあります。天身はマグロの中でも一番発色する部位で、鮮やかな赤色をしています。

上の写真のような部位を刺身に切る場合は、スジにクロスするように切るのが理想です。

maguro suzime kirikata

黒い線のように包丁を入れて切る事で身崩れしないように切ることが出来ます。

生マグロと冷凍マグロ

生のキハダマグロには「冷凍」には無い透き通った色が出ますが、生と冷凍どちらが美味しいのか?というとそれほど大差はありません。

生マグロには生マグロの美味しさがあり、冷凍マグロには冷凍マグロの美味しさがあります。

冷凍マグロで人工的な発色がある場合がありますが、それは解凍方法によるものです。正しい解凍方法で良い解凍マグロであれば着色したのでは?というくらいの綺麗な色目が出ます。

生マグロであろうと、冷凍マグロであろうと「色目」が綺麗であればそれは鮮度の良いマグロです。

最後に

需要の高いマグロの選び方でしたが参考になったでしょうか?マグロは色んな料理にも使えますよね♪

刺身はもちろん、マグロ納豆、カルパッチョ、手巻き寿司などなど色んな料理に使えます。

せっかくお金を出して購入するのですから、鮮度の良い美味しいマグロを購入したいですもんね^^

今回、記事にした事に気をつけるだけでハズレの無いマグロを購入することが出来ます♪

「マグロ」は鮮度の良いスジの少ない部位を選びましょう!

築地の王様 訳あり 極上 メバチまぐろ 1kg前後 切り落とし かたちが不揃いなだけで超お得@数量限定 メバチまぐろ メバチマグロ 訳あり 訳アリ わけあり まぐろ マグロ 鮪 築地 ギフト

新品価格
¥3,480から
(2015/5/20 22:22時点)

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

マグロのブロック(柵)の選び方と切り方のコツ!これだけでOK!
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする