鯖(サバ)のさばき方、おろし方

知名度的にはアジと比較しても負けず劣らずの「鯖(サバ)」のさばき方についてのページです。

サバといえば煮付けはもちろん、フライ、塩焼き、天ぷら、そして寿司に刺身と幅広い調理法があります。

どんな調理法にしても非常に美味しく食すことができる魚なので、この記事で食べ方や調理法をしっかりと学んでおきましょう。

スポンサーリンク

サバのさばき方と調理法

美味しいサバの選び方

美味しい魚の見分け方は以下のリンク先を参考にしてください。

美味しい魚の選び方は4つ!これだけで毎日の食卓の魚が美味しくなる

ほとんどの魚で使える見分け方なので覚えておいて損はありません。高さ、鮮度、太さを見分ける方法について解説しています。

しかし、サバの見分け方に関してはこれだけではありません。2種類のサバがありまして、真サバ(平サバ)、ゴマサバに分かれます。

脂が乗って美味しいサバを食べたいのなら「真サバ」の方を推奨します。ただ、ゴマサバが悪いというわけでは無いので勘違いしないように。

見分け方については↓

参考:準備中

サバの下処理

まずは下処理が必要です。

下処理についてはアジと同様に骨や頭を使うか否かで手順が異なります。

頭や骨を出汁に使うのであれば、エラ、内臓を取りのぞく必要がありますが、使わないのであれば頭を落としてしまって構いません。

刺身や寿司などの生食にしても、煮つけや焼きのような加熱用にしても下処理は必要なのでチェックしておいてください。

参考:サバの下処理~おろす前に~

生食(刺身、寿司、シメサバ)などで食す場合

三枚おろし、皮引きの手順

サバの刺身はハードルが高い食しかたでもあります。その理由は鮮度が劣化すると食あたりを起こすことがあること、そしてもう1つが上述した「アニサキス」です。

鮮度のいいサバが手に入ったのなら、いくつかの注意点を守れば刺身で食べることも可能なので↓のリンクを参考にしてください。

参考:鮮度、食感に驚愕せよ!サバ(鯖)の刺身はまじでうまい!

鮮度の高いサバを手に入れたのなら出来るだけ早く内臓を取りのぞくことをお勧めします。

シメサバの作り方

いろいろな調味料や添加物で味付けする人もいますが、素材の味を活かしたシンプルなシメサバが個人的には好きです。

嫌いなんですよね。味付けしまくって素材の味が消えたシメサバが。

シンプルな手法で良いのなら私の作り方を解説しているので参考にしてください。

参考:超簡単なシメサバの作り方とコストを大幅に下げる方法を伝授!

完成後にそのまま食べて、さらに途中で味を変えたいのなら「ガリ」を挟んで食べると最高に美味です。

加熱調理(塩焼き、煮つけ、フライ、唐揚げ、南蛮漬け)など

サバの開き方

開き方に関しては、どの魚にしても基本は同じなので「魚の開き方」について詳細に解説しているページを参照してください。

参考:魚の開き方

アジでも書きましたが塩焼きにするのなら下処理を完了させれば焼くことはできます。

開きにするメリットは食べやすくすること、そして塩水をくぐらせる手法を用いることで、さらに美味しく食べることができます。

参考:準備中

サバの塩焼きといえばサバフィーレがありますが、国内のサバよりノルウェー産の方が脂がのっているので美味しいですね。

参考:ノルウェー産サバは脂が乗って美味しい!国内サバよりもノルウェー産

サバをフライ用、煮つけ、からあげにする

サバをフライにするのなら三枚おろしで問題ありません。

参考:魚の基本的な三枚おろしと、大きな魚のおろし方
参考:大名おろしのやり方とコツを伝授

アジのフライなら小骨は気になりませんが、サバは別。特に大きなサバになると骨が当たります。

大きなサバは骨を抜くか、もしくは骨切りをしてからフライにしましょう。

参考:魚の骨抜きの方法と、抜くのがめんどくさい方へ

アジと同様に一年を通して見かける機会の多い魚なので、色んな料理法を試してみてくださいな。

スポンサーリンク