魚の腹開き

色々な魚の開き方を解説してきましたが、いよいよ最後の開きかたになります。

今回、解説するのは「腹開き」になります。片袖開きすずめ開き背中側から開く「背開き」だったのに対し今回の腹開きはまったくの逆になります。

完成形は↓

スポンサーリンク

魚の腹開き

これまでの開き方とは手順が異なり

  1. ウロコを落とす
  2. エラ、内臓を取りのぞく
  3. お腹側に包丁を入れる
  4. 頭を割る
  5. 開く
  6. 水洗いにて血合いを洗う

となります。

ウロコを落とし、エラ、内臓を取りのぞく

最初の作業はウロコを落とす作業からです。尻尾側から頭の方へウロコ取をすべらせます。

参考:魚のウロコの取り方と注意点

内臓・エラの取り除きかたは通常の手法と同じなので詳細に解説しているページを参考にしてください。

参考:魚のエラ・内臓の取り除きかた

ここまで完了したら後は開くだけ!それでは開いてみましょう。

お腹側から包丁を入れる

まずはお腹側から包丁を入れていきます。ここは軽く入れておけばOK。

続いて固い腹骨を切って開いて行きます。↓の画像の赤線の部分を切っていきましょう。

何気に固い骨なので少し力が要ります。ケガには十分注意してくさい。腹骨を切ったら少しづつ包丁を入れて開いて行きます。

あくまでも「開き」なのでおろしてしまわないように注意してくださいね。

頭を割る

お次は頭を割る作業です。魚をたてにして頭に包丁を入れます↓

完全に包丁を入れると切り落とすことになるので注意。

これで魚の腹開きの完成です。お疲れ様でした。

武田コーポレーション 【乾物・干物・梅 ・椎・茸・芋・柿・ネット】 万能 干し網 3段 45×45cm BHA3-45

新品価格
¥1,313から
(2017/5/17 17:20時点)

スポンサーリンク