魚の頭とカマの落とし方

基本中の基本、魚の頭の落とし方について解説していきます。

正直なところ深く解説するところもないのですが、ボンヤリと「あぁ、こうやるんだ」くらいに見ていただけたら。

写真の魚は天然鯛ですが一部の例外を除いて、魚の頭の落とし方は同じです。

スポンサーリンク

魚の頭の落とし方

まずは頭だけ落としてみましょう。カマは身の方につけて料理するのなら、この手法になります。

↓の包丁の位置から「頭だけ」落とす方法ですね。写真が2枚ありますが、どちらから落としてもOKです。自分のやりやすい方を選択してください。

簡単に落とすポイントは、骨と骨の間にある「関節」の部分に包丁を入れること。

ここに入れると包丁がすっと入るし、それほど力も必要なく落とすことができます。場所は頭を軽く引っ張って骨を目視するとすぐに分かるでしょう。

切りやすい箇所の包丁を入れることで、刃こぼれを予防できるし、無駄な労力を使うことを防げます。

カマを落とす

頭を落としたら次は「カマ」を外します。カマを外すときのポイントは「斜めに落とす」こと。

包丁をまっすぐに入れるのではなく、角度をつけてなるべく身を残すように外せばOK。

角度をつけて「削ぐ」ような感じ↓

反対側も

頭やカマを外す作業には特に注意点はありませんが、ヒレや顔回りでケガをすることもあるので気を付けておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク