魚の基本的な三枚おろしと、大きな魚のおろし方

スポンサーリンク

大きな魚の三枚おろし

この三枚おろしは家庭ではさばく機会の少ない、カンパチ、ブリ、ヒラマサ、カツオ、マグロなど、魚体の大きな魚をおろすときに使います。

二枚おろしまでは同じですが、上に挙げたような魚種の場合は、これから解説する手法の方が綺麗におろせます。

魚体の大きな魚の下身のおろし方

↑の画像は二枚おろしの状態ですが前ページで解説した手法とは異なり、この状態のまま包丁を入れます。

包丁の先がどこにあるのか目視できるので、骨に身を残さずにおろすことができます。

尻尾の近くまで包丁を進めます。包丁が真ん中まで届いたら次は背中側。

後は通常の三枚おろしと同じように尻尾付近の身を骨からはなし包丁を差し込む。

頭の方に向かって包丁を動かせば三枚おろしの完成です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク