アジみたいなサバみたいな魚?それって「グルクマ」じゃね?

地元の市場に出荷されたのですが、初めて見るさかなで皆の興味をひいていました。

ぱっと見はアジのような、サバのような、それともカツオのようにも見えますが、これは南方系の魚で「グルクマ」って魚です。

私も初見だったので呼び名が分からなくGoogle検索でしらべてみましたがヒットせず、市場内にたった一人だけ知っている人物から教えていただきました。

珍しかったので競り落とし実食してみたので、感想をシェアしようと筆をとりました。

スポンサーリンク

南方系の魚 グルクマ

魚に携わっているかたには分かるでしょうが、冒頭の写真をみると顔はサバ、背中のもようはカツオ、そして実物をみるとマルアジのようにも見えます。

まさに初めはなんじゃこりゃ!でした。

前評判は「美味しくない」だった

珍しい魚なので競り落としたものの、耳に入ってきたのは「美味しくない」という情報。

しかし、魚は季節、水温、水揚げされた場所でまったく別物になることがあります。このグルクマは見た目的にも十分に太っていたので密かに期待してました。

美味しくないのは調理法の問題だよバーロー。

とか思いつつね。

身質はサバに近かった

はい、三枚におろしたグルクマですが、活魚のサバを扱う方にはわかるはず。

身質はサバによく似ています。三枚におろして身だけ見ると、正直まちがう人が多いんじゃないかな?

身質がサバに似ていたのでアニサキスを心配しましたが、しっかりと目視したところいませんでした。

色んな調理法をためしてみたかったのですが、残念ながら1匹しかいなかったので今回は

  • 刺身(生の刺身、焼き霜)
  • シンプルに塩焼き

を試すことに。写真からわかるように脂ものっているので期待大ですな。

まずは刺身

皮目だけみるとメアジ(銀アジ)にもよく似ています。うーん不思議な魚。

生の刺身に関しては中骨を切りおとして「そぎ切り」にしてみました。

切ったらサバと見分けつかないやないかい。

背の方の身なんて、まんまサバですね。食べてみた感想としてはクセもなく、活魚ならではのゴムのような触感があるだけ。

ああ、せめて1日でも寝かせればよかったな。。。ということで、生の刺身は活魚のサバみたいなな感じです(テキトー)。

次に見かける機会があったら寝かせてから調理しよっと。早く食べてみたかったんです、すいません。まだまだ続きます↓

スポンサーリンク

続いて焼霜造り

続いて焼霜造りですが知らない方のために解説しておくと、通常の刺身は皮をとって刺身にしますが、焼霜造りは皮をのこし、さらに皮を焼いて刺身にする手法。

まずは皮目を焼いてみたのでどうぞ↓

カツオのたたきのようにも見えますね。バーナーで炙り、氷水で〆て切ってみました。

生の刺身と比較すると焼霜のほうが香ばしくで好み。炙ったことで脂もういてきて非常に美味です。

刺身で食す場合は生のさしみより、焼霜のほうを推奨しておきます。

続いて塩焼き

塩焼きでたべて美味しい魚は、どんな食べ方をしても美味しい。

これ間違いないですよね。さかな本来の味を確かめるには塩焼きがいい。

調味料はシンプルに塩だけなので、本当の素材の評価がわかります。

本来は身のほうから焼くわけですが。。。焼き担当がほぼほぼ素人でして。。

あーあ、皮がはがれちゃってるよ。焼いていると脂がでるでる。

んで、塩焼きの感想は、めっちゃうまい!

刺身も悪くはないだろうけど、どちらかというと加熱調理がおすすめですかね。塩焼きは本気でうまいのでお勧め。

ただこれは時期的なものも関係するし、もしかすると地元の養殖場のエサを食べて太った可能性もあるので、こればかりは数を食べるしかないという。

そんなわけで珍しかったので記事にしてみました!もし見かけることがあったらチャレンジ市てみてくださいな。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

アジみたいなサバみたいな魚?それって「グルクマ」じゃね?
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする