鹿児島のナミクダヒゲエビを知っているか!刺身でも寿司でもうまいんです!

写真 2016-07-11 13 10 13

以前エビの種類をまとめた記事で書きましたが、鹿児島ではナミクダヒゲエビって珍しいエビがいます。

地元では「甘エビ」なんて呼ばれていますが、正式名称はナミクダヒゲエビといいます。

県外では馴染みのないエビですが、それもそのはず、日本国内でも鹿児島県の錦江湾が主な漁場になっているのですから。

垂水なんか有名です。

スポンサーリンク

ナミクダヒゲエビ

ナミクダヒゲエビの料理法はこれだ!

料理法は通常のエビと同様

  • 刺身・寿司
  • 天ぷら・フライ
  • エビマヨ・エビチリ
  • 塩焼き、ボイル(塩ゆで)
  • から揚げ・みそ汁

まぁ、どんな料理法でも食べることができます。

ただ、お勧めの料理法はやっぱり刺身、寿司。鮮度の良いナミクダヒゲエビは生で食べるのがお勧めです。

ナミクダヒゲエビの価格について軽く触れておきますか

大きさによって価格が大きく異なります。キロ単価は

600円~6000円

キロ単価は6000円まで見たことがありますが、大きなものでも通常は3000円ほど。

小さなものになると1000円を切ることも珍しくありません。

ナミクダヒゲエビに限らずエビは全般的に言えますが、小さなものより大きなエビの方が料理しやすいですもんね。

ナミクダヒゲエビを刺身や寿司にする方法

これは説明するまでもないですかね?(笑)

一応、軽く説明しておきます。

道具を使わずに刺身にできますので、購入した際には刺身にチャレンジしてみて下さい!

頭と胴体を離します。

写真 2016-07-11 13 12 25

引き離した頭ですが、捨てずにみそ汁などのダシとしても使えますし、から揚げにしても食べることができます。

刺身にする場合も捨てずにとっておきましょう。続てい殻をむきますよね。

殻をむくと「背ワタ」が入っているので取り除きます。

写真 2016-07-11 13 13 22

これは親指の爪で押すと簡単に取れます。

写真 2016-07-11 13 13 51

尻尾の方まで気持ちいいくらい綺麗に取り除くことができます。

国外の甘エビを見てみると背中の方がくぼんでますよね?あの状態になります。

写真 2016-07-11 13 15 06

ここから寿司にする場合は真ん中に包丁を入れて開くだけ。

思ったより簡単に刺身にすることができるので、見かけた際はチャレンジしてみて下さい!

県外では見かけることすら稀ですが、もし見かけたらレアなエビなんで是非。

スポンサーリンク