「イラ」という魚は過小評価されていると思う。料理法を問わず非常に美味。

写真 2016-06-22 17 10 18

カラフルすぎる魚「イラ」の紹介です。

島の方に行くと好きな方が非常に多い魚で、鹿児島県内でも市内に行くと需要がたかい魚。(おそらく離島出身の方が多く在住してるのかな?)

見た目的には甘鯛やブダイに似ていますが、ベラ科の魚なんです。私の地元では高くてキロ単価300円程度しかしませんが、このキロ単価はイラが過小評価されていると思うのです。

価格とは裏腹にとても美味な魚です。

今日は、そんなイラを記事にしてみました。

スポンサーリンク

イラという魚について

水産関係の仕事に従事している方には分かるはず、イラが市場でどういう扱いになっているか。

下手すると買い手がいなくて処分されることもあるほど需要がない魚なんです。需要がないというより、「美味しくない・癖がある」なんて先入観があるのでしょう。

勘違いされている魚、そう、まるで私のようです。

私にも先入観を持って接してくる方がいますが、失礼しちゃうわ。

イラとブダイは別物

ブダイと確かによく似ていますが、イラとブダイは別物です。↓の画像を見て下さい。

まずはブダイ↓

写真 2016-05-26 16 42 57

続いてイラ↓

写真 2016-06-22 17 10 18

色目と鮮やかさが違いますよね。形はよく似ていますが、ブダイを華やかな色にしたのがイラ。

ちなみにブダイも美味しい魚です。ただ、私見で言わせてもらうとイラの方が癖がない。ブダイは軽く癖がある場合がありますが、イラは全く癖がない魚。

イラの食べ方

それではイラの食べ方ですが、正直どんな調理法をしても美味しく食べることができます。

刺身、カルパッチョ、にぎり寿司

写真 2016-06-22 17 34 09

上の写真はイラの刺身。きれいな白身なのが確認できるとかと思います。

本当に全く癖がなく逆に物足りないレベルといってもいいほど。あっさりとした刺身は上品な味なので是非おためしください。

さらに綺麗な白身でクセがないのでカルパッチョによく合います。ドレッシングで野菜と一緒に食べることで一層おいしくなります。

刺身の場合はワサビ醤油でも良いですが、もみじおろし、ポン酢で食べるのもありでしょう。

ちなみに私は、もみじおろしとポン酢が好き。

にぎり寿司にしても上品なものになります。

から揚げ、煮つけ、ソテー、ムニエル

イラは加熱調理しても美味しい魚です。

から揚げはプリプリした身で美味、煮つけも美味しいです。さらに、ソテーやムニエルもお勧め。

特にお勧めなのはズバリ唐揚げ。あ、もちろんソテー、ムニエル、煮つけも美味しいのですが、から揚げは私が好きなので特に勧めておきます。

みそ汁、鍋、吸物

はい、汁物になりますが、これは五つ星の評価だと言っておきます。

みそ汁はダシが出てとても美味しいですし、鍋に関しては最高にうまい。もちろん吸い物も。

イラは汁物が良いかも知れませんね。あ、当然のようにアラも美味しいので忘れずにとっておきましょう。

結論、イラはどんな料理法でもおいしい

ここまで書いといてなんですが、イラはどんな調理法にしても美味しい魚といえます。

だからこそキロ単価が安いのは納得できないんですよねぇ。。市場で競り落として販売するとdisられるくらいの魚。(笑)

でも、めっちゃ美味しいので見かけたら食べてみて下さい。

イラの調理法

イラの調理法ですが、他の魚とほとんど同じ。うーん、どの記事の参考リンクを貼ろうか。

生の刺身にしても焼き霜造りにしてもいいので、イサキで詳しく解説していますので詳しく知りたい方は↓のリンクを参考に。

参考:イサキの刺身!梅雨時期が旬のイサキの捌き方解説します

手順としてはいたって普通。

  1. ウロコを落とす
  2. エラ、内臓をとりのぞき水洗い
  3. 頭を落とす
  4. 三枚におろす
  5. 腹骨をとる
  6. 皮を引く(焼き霜造りにする場合は皮をのこす)
  7. 刺身にする

焼き霜造りに関しては↑のリンクのイサキの調理法を参考に。では以降は軽い説明と画像でお楽しみください。

ウロコを取りエラ、内臓をとりのぞく

イラのウロコはブダイと同様に割と大きめ。

専用のウロコ取を使ってもいいですし、スプーンなどではいでも構いません。

星三製作所 真鍮 ウロコ取り 小 TS-253

新品価格
¥799から
(2016/6/23 22:28時点)

ウロコを取る作業が大変ですが心折れないように気合を入れて下さい。

写真 2016-06-22 17 11 52

で、1つだけ注意点があります。顔の横の縦に入った線、これがすごく切れるので気を付けて。

写真 2016-06-22 17 11 59

ここ、まじで手を切るので本当に気を付けてください。

調理の際だけではなく、魚を持つときにもここで切ることがあるので気を付けましょう。私は何度か切っています。w

ウロコを取ってエラ、内臓を取り除き頭を落としたら、いよいよ三枚におろします。

おなかの方から包丁を入れて~、それから背中側

写真 2016-06-22 17 22 08

写真 2016-06-22 17 22 58

反対側も同じように

写真 2016-06-22 17 23 51

注意するまでもないでしょうけど、ヒレは怪我しやすいの注意。

写真 2016-06-22 17 24 21

写真 2016-06-22 17 24 32

三枚におろしたら腹骨を取り除きます。

写真 2016-06-22 17 25 15

写真 2016-06-22 17 26 37

切れな身ですよね。私の心のように澄んでいます。ちなみに皮つきの刺身が意外に美味しいので試してみてください。

写真 2016-06-22 17 26 51

生の刺身にする場合は皮をとります。

写真 2016-06-22 17 29 29

写真 2016-06-22 17 30 03

ほんで中骨を取り除いて後は切るだけ。

写真 2016-06-22 17 30 41

写真 2016-06-22 17 34 09

はい、イラの刺身の完成です。上品な味なのでぜひお試しあれ~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク