メアジの料理法を紹介!刺身も抜群にうまいですよー。

写真 2016-06-07 15 45 13

アジの仲間のメアジ。

地方によって呼び名は様々で私の地元では「銀アジ」と呼ばれていますが、正式名称はメアジといいます。

色こそ違えど真アジに非常によく似ています。真アジは黒っぽいのに対し、銀アジは金色(銀色?)に近い色。

今日はメアジの紹介です。

スポンサーリンク

メアジ

メアジをお勧めする理由、それはコスパが高いから!

メアジは真アジと比較すると非常にコスパが高い。

キロ単価は真アジの半額以下になります。しかし、価格と比例しない美味しさを持った魚、それがメアジなんです。

確かに脂の乗った真アジに比べると多少は味が落ちますが、価格から考えるとじゅぅーぶんすぎるほど美味。

価格の割には非常に美味しい魚です。

脂がのった時期のメアジは真アジと比べてもそん色ないほど美味です。

メアジの料理法はどんなものが?

気になるメアジの料理法ですが

  • 刺身
  • みそ汁、煮つけ
  • 天ぷら、フライ
  • バター焼き、ソテー
  • 塩焼き

簡単に言うと、どんな食べ方でも美味しいと言えます。いや、最初からそう書けよって突っ込みは却下。

刺身に関しては鮮度の良い状態が好ましいので、刺身は当日のものにしたいですが翌日でも刺身で食べることは可能です。

加熱調理しても美味しい魚なので無理して生で食べる必要はありません。加熱調理では特にお勧めしておきたいのが、天ぷら、フライですねぇ。最高です。

私は天ぷらにすることが多いのですが「塩」だけで食べるのが最高!

では、軽くメアジの調理法も解説しておきます。

メアジの調理法

ウロコを取る

写真 2016-06-07 15 47 01

もう説明は不要でしょうが、魚の調理は初めにウロコを取ります。

家庭でウロコをはぐ場合は流水しながら落とすと飛び散りにくいです。詳しいさばき方は真アジと同じなので↓のリンクを参考にしてください。

参考:アジを刺身にする時のさばき方!丸で購入してコストを下げよう。

参考:アジフライのさばき方を丁寧に解説するよ!

リンク先で詳しく解説しているので、ここからは写真でお楽しみください。

刺身にする場合に簡単な調理法でおろします。ただ、この方法は鮮度の良い状態でないと失敗するので注意。

尻尾のほうから包丁を滑らせます。

写真 2016-06-07 15 48 19

頭の付け根まで包丁が入ったら皮をはぎましょう。

写真 2016-06-07 15 48 50

両面とも同じ手順を繰り返せば三枚おろしの完成。

写真 2016-06-07 15 50 42

後は好みの大きさに切れば刺身の完成です。刺身に関しても↓のリンクで詳しく解説しています。

参考:刺身の切り方を伝授!自宅で刺身を切ることのメリットを知っておこう。

写真 2016-06-07 15 55 33

はい、メアジの刺身が完成しました。お疲れ様でした。

九州地方というか鹿児島県では5月~夏場までよく見かけますが、この時期は脂がのって美味しいです。一年中みかける魚ではありますが、特に夏場は脂がのりますねー。

刺身に関しては真アジに比べると多少は落ちますが、それでも十分な美味しさ。

コスパも高いので丸の状態で見かけた際にはチャレンジしてみて下さい。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

メアジの料理法を紹介!刺身も抜群にうまいですよー。
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする