ガソリンを節約のために並んで入れる!その後コンビニで買い物ですか。

-shared-img-thumb-PPS_kuchitaeigyoucyu_TP_V

魅力的なキャッチコピー、「当店は他社よりガソリンが毎日7円安い!」。

私の地元ではこんなガソリンスタンド(以下スタンド)が人気を集めています。休日になると30分待ちとか普通にあり得ます。

さて、1リッター(ℓ)につき7円の差額がどれくらいお得なのかをご覧ください↓

gasorin.hikaku

はい、あまりお得感ないかと思います。それでも他社で入れるよりは節約につながるのは間違いないことですが。

ただ、30分待ってまで入れるほどではない。ここまでを記憶しておいて下さい。それでは本題。

スポンサーリンク

とある日の朝、知人と会った時の話

コンビニで古い知人にばったり遭遇、何気なく会話していると面白い話が、

「いやぁさっきガソリン入れるのに30分以上待ったよ!今日から一泊で出かけるから少しでも節約しないといけないからさぁ。。で、今ガソリン入れ終えて朝ごはんとジュース買いに寄ったってわけ。」

うん、はい、意味が分かりません。何がって、30分待ってガソリン入れて数百円の節約をしたあとに、コンビニで買い物しているところがです。

というのも、スタンドの近隣にはドラッグストア、スーパーもあるんです。もう目と鼻の先にね。

知人が握っていた子供2人のジュース、朝ごはん、お菓子を、近くのドラッグストアで買えばガソリン以上に節約になるでしょう(ドラッグストアとコンビニの価格は大きく違います)。

スタンドに並んだ30分でドラッグストアで買い物はできるし、簡単な朝ごはんを作ることだってできる。

知人はおそらく、リッター7円違うことでどれくらいの節約になっているのか考えず、節約した気分になっているだけだと思うんです。

ここまで書いといて何ですが、それが悪いとは言いませんがね。私には関係ないですしねw

その節約は本当に効率的なの?

例えば夏場のエアコン、あれってずっと付けてた方が電気代は安くなるんですよね。

実は、こまめなオン・オフは節電には全くの逆効果です。エアコン使用時の節電でまず知っておきたいことは、立ち上がりの時の消費電力と、室温が安定してきた時の消費電力では大きく異なるということ。エアコンは常に一定の電力を消費する家電ではなく、つけてから最初の10分程度が一番大きく電力を消費します。それ以降安定した運転に入るとガクッと消費電力は少なくなります。そのため、いかに早く室温を設定温度まで近づけるかが重要です。

引用:エアコン節電のコツと禁じ手 電源オフ禁止など

これは大半の人が知っていると思いますが、1つの例として挙げてみました。もちろん私は知らなかったです。

今やっている節約、本当に効率的なのか考えることも大事なのかも。2時間かけて色んなお店の特売品を買うのも確かに節約でしょう。

でも、それも「余計なものを買わないこと」ができる前提の話。目移りしてついつい余計なものを買ってしまう人はむしろマイナスに。

さらに、時間効率を考えたら実は大きな損をしていること、マジであるんでござりまする。

例えば2時間かけている買い物を30分に短縮して、空いた時間で小遣い稼いでもいいですし。

小遣い程度ならブログルポとかいいんじゃないですかね。1日90分って色々な可能性を秘めています。

今やっている節約方法のメリット、デメリットをもう一度考えて見直してみることをお勧めします。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

ガソリンを節約のために並んで入れる!その後コンビニで買い物ですか。
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする