もはや「国産のタコ」を食べることが難しいって知ってます?

写真 2016-03-29 16 51 09moritania.tako

この写真は鹿児島県産の生ダコをボイルした画像ですが、皆さんは地元のタコを最近見かけましたか?

まだ販売しているお店もあるでしょうが、大手のスーパーなどで見かけるタコの大半は国外(モーリタニア産)のタコになっていることでしょう。

ところでモーリタニアってどこなんでしょ?

アフリカ北西部に位置する国のようです。以前はタコといえばモロッコが主流でしたが、日本人がモロッコのタコを食べまくった為に禁漁になりました。

そして、現在はモロッコからのタコが主流になっているんですねー。ちなみにモロッコ以外にもメキシコ産などがあります。

一般ピーポーの私達が食べているタコは大体が国外のタコなんです。近所の回転寿司のタコも、美味しいたこ焼き屋さんのタコも同じ。

なぜそんなことになっているのかって、国内のタコの漁獲量が減少しているからですな。

私が住んでいる鹿屋市でも夏が近くなると昔はタコが市場に多く出荷されていましたが、現在は昔の面影はありません。

漁獲量が少なくなる事で競争率が上がるので価格は高騰しています

こんな世の中ですから価格ではなく質を重んじる人の方が少数派になっていて、手作りの地元のタコを食べると美味しいのは分かっていますが価格が…なんて人が多く、低価格なモーリタニアのタコの方が需要が高いのです。

だ、か、ら、地元のタコを仕入れるお店が少なくなり、モーリタニアのタコだけを並べるお店が増えているんです。

ボイルされた状態で入荷しパックして売り場に出すだけのモーリタニアのタコに対し、塩もみしてボイルして冷ましてから販売しなければならない地元のタコ。

しかも、どちらが売れるかと言えばモーリタニアのタコ。そりゃぁ販売側もラクに売れるモーリタニアのタコを売りますな。

そんな理由から地元のタコをボイルして販売するお店が少なくなっている状態。

今やどこのスーパーでも地元のタコがある時代ではなくなりました。でも、やっぱり国内のタコを食べたい人はいるでしょう。

もし、買い物に行った際に地ダコをみかけたら購入して地元のタコの味を思い出してみるのも良いかもしれませんね。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

もはや「国産のタコ」を食べることが難しいって知ってます?
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク