答えのないものの正解を求めて「搾取」される人々。

-shared-img-thumb-YOSX8725_TP_V

確かな答えなんて存在しないもの、世の中には沢山ありますよね。

例えば育児や恋愛、人生もそうでしょう。100人の人間が誕生すれば、100通りの育て方が存在するし、100通りの人生があります。恋愛も同じで、それぞれ違う100人が付き合っていくわけですから、100通りのドラマが存在します。

どうすればうまくいくなんて誰にも分からないんです。恐らく多くの人は、この事実を頭では理解していることでしょう。

それでも人は人生相談、恋愛相談、育児相談などにアドバイスを求めます。

まとまっていないと思いますが、今日はそんなことを考えてつらつら書いてみます。

スポンサーリンク

人はなぜ答えを知りたがるのか

私が考える理由の1つが「不安」です。

私もそうですが先が見えないと不安になり、正否は分からないまでも、誰かの意見を聞くことで安心します。

これは学生時代のテストに似ていると感じます。学生時代のテストが終わると、「あの3問目の答えなんて書いたー?」なんて会話が飛び交っていたことでしょう。

実際はテストが返されるまで正否は分かりませんが、自分と同じ答えを書いた仲間を探すことで安心感を得ようとしますよね。

人が答えを知りたがるとき、それは不安があり、一時的にでもそれを和らげようとする時だと私は思うんです

学生時代のテストなんて答えは決まっていますが、人生、育児、そして恋愛に答えなんて存在しないので、さらに不安は大きくなるのでしょう。

答えなんて分からないから、共感意見を聞きたくなる気持ち分かります。

不安になり答えを求めるほど「搾取」されやすくなる現実

不安になり答えを求めようとすればするほど、そこに付け込んだビジネスの餌食になってしまいます。そんな世の中なんです。

温かい言葉と共に差し伸べられた手が善意のものとは限らないのですが、それを確認する余裕もないほどに不安な気持ちが優先されます。

つまり焦ってしまうんです。

人生、育児、恋愛、もちろんブログでも同じで、正しい方法なんて誰にも分からないんですよ実際。だって、それぞれ人間が違うのですから。

だけど不安でしょうがなく、早急に答えを求めるが故に、正しい判断ができずに搾取されることがあるということは頭の片隅に置いておきましょう。

不安になり、答えを求めようとすればするほど、搾取される側になる確率が上がってしまうんですよね。世知辛い世の中です。まぁ、今も昔も変わらないんでしょうがね。

さて、本題ですが不安なときほど気をつけましょうってことです

答えがない=自分で模索する

これがベストな道だと私は思っています。もちろん、自分で模索する中でもアドバイスをもらうことで近道することは可能ですが、その場合は「誰に」アドバイスを貰うかをしっかりと見極める必要がありますね。

不安になった時こそ人を疑う必要があるし、アドバイスの取捨選択は気をつけなけりゃぁーいけません。

搾取しようと考える側は、「不安な人」を見つける日々を送っています。

人生に疲れきった人、恋愛で絶望している人、育児でノイローゼになりそうな人、もし「はっ、私のことでは」なんて思った方は充分に気をつけてください。

うさんくさい有料相談、そしてブログ塾、サロンに惑わされないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク