今日は節分ですが準備の方は大丈夫でしょうか?

-shared-img-thumb-OOK92_namahageoni20150201170149_TP_V (1)

2月3日、節分ですね。

節分といえば、鬼が出てきて豆をまくのをイメージしますが、皆さんの家庭ではどうでしょうか?パパが鬼になって子供達から豆を投げられている姿が目に浮かびます。

そういえば、恵方巻きが地方まで完全に浸透したように思えますが、僕が販売業の仕事に就いた当時は恵方巻きはそれほど浸透していませんでした。

そんな恵方巻きの発祥の地は関西だということを知っているでしょうか?

恵方巻きは、江戸時代から明治時代にかけての大阪の花街で節分をお祝いしたり、商売繁盛を祈ったりしたのに始まったといわれています。花街で商人や、芸子たちが節分に芸遊びをしながら商売繁盛を祈り、食べたようです。名前も恵方巻きという名前ではなく、「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれることが多かったようです。「丸かぶり寿司」も「太巻き寿司」も七福にちなんで、7つの具を入れて巻くので、7つの具を入れるのが基本になったようです。

引用:仕掛けた人は誰?恵方巻きの由来・ルーツ・丸かぶりの謎

江戸時代から伝わるものなんですね。歴史を感じます。

今でも節分の巻寿司の呼び名は販売先によって異なり、恵方巻き、丸かぶり寿司、太巻き寿司といった品名で販売されることも。

毎年、決められた方角を向いて無言で食べることで福を呼ぶなどと言われてるので、僕も恒例のように実行していますが未だに福を呼べない状況でございます。

浸透のきっかけになったのがセブンイレブンの販売から

「恵方巻」という名称は、1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売にあたり、商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用したことにより広まったとされている[5]。それ以前は「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」「幸運巻ずし」などと呼ばれており、「恵方巻」と呼ばれていたという文献等は見つかっていない

引用:wikipedia

このような歴史があり今に至るわけですが、恵方まきは皆さんも知っていることでしょう。1998年から始まり2016年の現在、完全に全国に浸透していますね。

今日は全国各地で恵方巻が飛ぶように売れることでしょう。そんな巻寿司も今や機械で大量生産されています。出来ることなら機械的に作られた大量生産の巻寿司ではなく、人が作った巻寿司を購入することを推奨しておきます。

さらに節分といえば、魚屋さんでなら鰯(イワシ)を連想するでしょう。地域によっては節分にイワシを玄関に飾ることがあるんです。

イワシを玄関に飾る理由はイワシの匂いが魔よけになると言われていることからです。

さて、何かを伝えたかったわけではないのですが、何となくこの記事を書きましたw

一年に一度の節分、豆まき用の豆、恵方まき、イワシをを揃えて縁起を担ぎましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

今日は節分ですが準備の方は大丈夫でしょうか?
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク