1年8ヶ月の間に、はてなブックマークもずいぶん変わりましたね。

bsAME832_samuiasa

やっと冬っぽい気候になったこの頃、ふと気がつくとブログを始めて1年8ヶ月が経過していました。

ベテラン勢からすると「たかだか1年8ヶ月」と笑われそうですが、飽き性の僕にしては長続きしています。自分でもビックリです。

さて、この1年8ヶ月でブログ界もさまざな変化がありまして、中でもはてなブックマークは大きく変化したように思います。

スポンサーリンク

僕がブログを始めた当初のはてなブックマーク

僕がブログを始めた頃のはてなブックマークといえば、新着エントリーに掲載されるのですらハードルの高いものでした。ハテブの新着エントリー入りの条件は、短時間に3つのハテブが付くこと。

この3つのハテブを獲得するのがハードルの高いものでした。というか、無理でした

しかし、時代が流れブログ参入者は増え、今では「新着エントリーに載せるのが当たり前」になりつつありますよね。理由はハテブに載ることで、被リンク、アクセスが獲得できるからです。

古くからハテブを使っている古参の方には、受け入れがたい状況になっていることでしょう。これについては運営側も対策をしていますが、監視しきれない現状なのでしょうか。

参考:はてなブックマークヘルプ

ハテブがブログランキングのバナークリックに似てきた

お礼、応援といえばブログランキングを思い出します。

ランキングサイトが指定したバナーを記事に貼り、クリックして貰うとポイントが加算され、上位になれる仕組みのあれです。今ではすっかりオワコン化していますが。。

ランキングサイトでも、お礼ポチ、お礼ブクマ、相互クリックなんてありましたよね。懐かしいです。話が脱線しましたが、ハテブがバナークリックと同じ感覚になってきていると感じます。

これも時代の流れなのでしょうね。コメントにしても、場所がコメント欄からTwitterに変わり、そこからさらにハテブに変わって行ったのでしょう。

使い方については人それぞれでいいと思います

bsCL201_syoruiteisyutu320140830185428

とはいえ、僕は相互ブクマ、お礼ブクマを否定はしません。身内や同期ブログも、ブログを続けていく上でモチベーションを保つ1つの方法だと考えています。

位置づけも「ソーシャルブックマーク」なので、使い方は人それぞれ。それでも古参の否定派からすると、とても面白くないでしょうがね。

はてなブックマークは、オンラインにブックマークを保存・公開することで新しい体験ができる、ソーシャルブックマークです。はてなブックマークを利用すると、インターネットの情報をより深く理解でき、良質なページをより少ない時間で見つけられます。ブックマークすることで、知らないだれかと価値を共有するのは、すばらしいことです!

引用:はてなブックマークとは

さて、前置きがずいぶん長くなってしまいましたが、本題はここからです。これは僕自身も感じた経験がありますが、ブクマを付けてもらうことで多くの人目に触れ、さらにブログ仲間が集まってきます。

仲間の人数が多くなるほどハテブは付きやすくなり、書いた記事がはてなの新着入りする機会も増えていきますよね。アクセス数も伸び、Twitterでの知名度も上がり、ドメインの評価も上がっていく事でしょう。

だけど覚えておきたいことがあります。それは「仲間からの評価=世間の評価」では無いこと。周りから賞賛され、書いた記事が次々にハテブ新着入りし、普通に書いた何でもない雑記ですらバズ状態になってしまう。

つまり、適当に更新した中身のない記事、本来の意図は伝わっていない記事まで拡散されてしまうのです。これは自分にとってプラスにならないかも知れません。

どんな記事を書いてもハテブ新着入りしてしまうことで、「記事の質、文章力が落ちていくこともある」のは覚えていた方がいいでしょう。アクセスが伸びるほど、記事の質が下がるなんて本末転倒ですもんね。

時代が流れると、サービスの既存の概念は変わっていくんですね。少し寂しいです。

それではこの辺で。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク