キンメダイはやっぱり煮付け!?いや、刺身も絶品です!

写真 2015-11-10 15 35 11

キンメダイと言えば煮付けが有名ですね。

キンメダイの煮付けはとても美味しく、高級食材の1つとして人気があります。しかし、キンメダイは何も、煮付けだけが美味しいわけではありません。

当然ながら、刺身も絶品です。特に水温が下がってくるこの時期、12月~2月後半にかけては非常に脂がのり、煮付け、刺身は、最高の酒のつまみになるのではないでしょうか

今回はキンメダイの刺身の中でも、「湯引き」という手法を紹介します。何度か書いていますが、魚は全般的に皮と身の間に旨み成分があります

湯引きとは、生の刺身にせず、旨み成分を逃がさないよう、皮と一緒に食べる刺身の手法です。僕個人も、皮付きの刺身を好んで食べます。

スポンサーリンク

キンメダイの刺身

調理する前に顔のトゲに気をつけよう!

写真 2015-11-10 15 36 51

ちょっと写真からは分かりずらいですが、目の先、口ばしの上に「トゲ」があるんです。このトゲに気付かずに怪我をしてしまうことも。

顔をあつかう場合は注意が必要です。

ウロコをとり、エラ、ハラワタをとり除く

写真 2015-11-10 15 37 37

後で湯引きするので残ったウロコは取れますが、なるべく丁寧にこの段階で取っておきましょう。

ウロコを取る部分に流水しながら取ると、ウロコがあまり飛び散らないのでお勧めです。せっかく釣った魚を調理して、嫁さんに「ちらかすな!」なんて怒られないように。

続いてエラを取りますが、上述したように顔のトゲには充分注意してください。

写真 2015-11-10 15 40 15

エラを取り終えたら、ハラワタをとり除きましょう。

写真 2015-11-10 15 42 15

最後にスプーンなどで「血合い」を取りのぞき、水洗いすれば下処理は完了です。次の手順に行ってみましょう!

頭を落とし、切込みを入れる

写真 2015-11-10 15 43 00

頭を落とし、3枚卸に入ります。頭は「煮付け」で最強に美味しいので、必ず取っておきましょう!みそ汁にしても煮付けにしても最強です。

調理するときは、2つに割って煮付けなり、みそ汁なりに使えばOKです。

写真 2015-11-10 15 43 45

後は3枚卸にしていきます。毎回の手順と同じになりますが、一応手順を。

頭を落とした状態で、お腹のほうから包丁を入れます。中骨に包丁の先が当たり「カタカタ」音がするまで。

写真 2015-11-10 15 45 14

反対側も同様です。

写真 2015-11-10 15 46 38

今回は「湯引き」なので、骨から身を離しません。離しても手順は同じですが、お湯をかけると反り返るので腹骨がとりにくくなります。

両面に切り込みを入れて完了です。

写真 2015-11-10 15 47 52

お湯をわかして湯引きし、氷水で冷やす

さて、切込みが入った状態のキンメダイに、豪快にお湯をかける準備をします。これは楽しいですよ!

まずはボウルなどに「氷水」を準備し、お湯を沸かします。お湯は普通のヤカンで構いません。

写真 2015-11-10 15 48 59

氷水はキンメダイの皮目にお湯をかけた後、熱が仲間で通るのを防ぐため、身を引き締めるために、氷水で冷やす為です。

お湯が沸いたら、皮目に一気にお湯をかけましょう。ええ、もちろん両面です。お湯をかけたらすぐに氷水にぶち込みます!

写真 2015-11-10 15 50 06

氷水から上げると、下の写真のようにキンメダイがなっていることでしょう。

写真 2015-11-10 15 51 01

骨から身を離し、腹骨をとる

切り込みは入れてあるので、後は身を骨から外すだけですね。

写真 2015-11-10 15 52 44

後は腹骨をとりのぞき、中骨を取って好みの大きさに切れば「キンメダイの湯引き」の完成です。

写真 2015-11-10 16 12 58

これは非常におすすすめ!脂の乗ったキンメダイは、刺身でも絶品の一言。中骨、腹骨、頭は煮付けにするので、細かく割ってしまいます。

写真 2015-11-10 15 54 47

これにてキンメダイの調理が完了です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク