僕の適当なアドバイス「二兎追ってだめなら三兎追ってみたら?」を実行したUさんのその後

bs0I9A100015030106yubi

ごく最近の話です。職場にいたUさん(51歳)の話。

まずはUさんの当時の状況を。僕がいる会社は50才以上で入社しても「正社員」になれない会社。前述したようにUさんは51歳なので、正社員になることは不可能な状況でした。

いつ首を切られるか分からない「契約社員」の状況で、いつも不安だったようです。

スポンサーリンク

ある日のUさんとの会話

Uさん
「この先、不安ですわー。社員になれないので、年とって使えなくなったら首でしょうねー。なんか良い方法ないですかねー。」


「うーん。リスクは確かにありますよねー。そうだ!バイトでも始めて貯金したらどうです?老後のために(テキトー)」

Uさん
「おお!それは良い考えですね!実は私は料理経験が長いんですよ!料理関係の仕事なら居酒屋でも探せばありそうですね!」


「まじで言ってます?wでもまぁ、週一でバイトすればそれなりに貯金できますよね。休みの前の日だけバイトする感じですね。そこで正社員に慣れたらラッキーですね笑」

Uさん
「それも良い考えですね!!そうですよね!ここで社員になれないならバイト始めて、そこで社員になればいいですもんね!」

Uさんの印象は「凄く自由に生きてて素直に実行できる人」でした。もう本当に「自由」に生きてましたねーw

音楽と酒が好きで、休みのたびにコンサートに行ったり、飲み明かしたり笑 ちなみに独身です。バーを経営していたのですが失敗して就職してきたパターンw

適当なアドバイスを数日後、実行していました。

バイトが楽しくてしょうがない様子のUさん

長年、経験していた料理が出来ることで「凄く楽しい」と話していたのを覚えています。

といっても年齢は51歳、肉体的には疲労していたでしょう。そんな疲れを感じさせず、イキイキと仕事をこなしていました。

とにかく元気で明るい人で、ジュースジャンケンの言いだしっぺは必ずUさん。しかも、最初は高い確率でパーしか出さないことを僕らは知っていますw

負けるのも大体Uさんでした。

それから数ヵ月後、Uさんはバイト先にとって、なくてはならない戦力になったようです。

これからさらに数ヵ月後、Uさんが僕に相談してきたんです……。

Uさんからの相談

bsOOK88_inoruookawasan

Uさん
「のんべえさん、やっぱり向こうの居酒屋でも社員というのは難しいみたいです。二兎を追うものは一兎をも得ずという諺もあるので、こっちに絞ろうと思います。やっぱりこの年になると正社員は難しいですね。」


「え!?それなら三兎追えばいいじゃないですか笑 Uさんは時間はあるんですから三兎追えるんじゃないですか?」

そうです、適当にアドバイスしただけです。でも、Uさんの状況的には充分可能な行動でした。まさか実行するとは思いませんでしたが。。。

Uさん
「なるほど!そういう考えもありますね!いつもありがとうございます!」

その行動力は見習いたいものです。次にUさんがバイト先に選んだのは「ホテル」でした。

だけど、これが後に良い方向に行くことになります。今でも「当時はありがとうございました」と連絡がきますが、まさか適当に言ったなんて言えませんw

突然のUさんからの「退職」の相談

1年くらい経ったでしょうか。

Uさんは料理の腕は良かったらしく、バイト先のホテルで高い評価を獲得したようです。

そこに舞い込んできたウソのような話。詳細は書けませんが、ホテルの経営者に「大きなお店のテナントで定食屋として入って欲しい」と話があったようです。

そこの責任者に抜擢されたのが、まさかのアルバイトのUさん。ウソのような本当の話です。

もちろんUさんは断る理由なんかありません。そして退職の相談にきたんです。

いやぁ、どこでどうなるか本当に分からないものですね。僕が適当にしたアドバイスが成功するなんてw

でも話はここで終わらないんですよこれが笑

Uさんのその後

テナントの責任者になったUさんは、僕らより高い給料をもらっていましたw羨ましいです…。

それから連絡をとらずに2年くらいかな?冒頭で述べた「ごく最近の話」はこれです。

本日、Uさんが僕を訪ねて来ました。今日は2015/11/27日です。そこでUさんに話を聞くと、凄いことになっていました。

ここで、Uさんのバイトをもう一度。僕と同じ会社で働きながら、ホテル、居酒屋でバイトをしていましたよね。

そこからホテルの経営者に声をかけられ、テナントの定食屋の責任者に。そこからさらに、居酒屋の経営者から「市内での新店舗をまかせたい」と話があったようです。

もちろん条件は現状より良くすると約束して。今日、Uさんは満面の笑みで名刺を持ってきました。そして「あの時はありがとうございました」と必ず言われます。

なんだか申し訳ないです。。。。。笑

結果論ですがUさんは行動力があったから成功したのかもしれません。そしてもう1つ「素直さ」もですね。

少なくとも現状で満足していたら、この成功はなかったでしょう。

あなたはUさんの行動に何を感じ、どう思うでしょう?それではこの辺で。

しまった最後に「転職サイト」のアフィリンクぶち込めばよかった。(うそです)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 最低賃金はどんどん引き上げるべき – 気になることを調べてみたブログ 僕の適当なアドバイス「二兎追ってだめなら三兎追ってみたら?」を実行… 接骨院での療養費詐欺 9割がうその請求か NHKニュース […]