これまた珍しい!「ホウキハタ」の刺身を作ってみました!

写真 2015-11-21 14 29 34

これも珍しいですねー。正式名称は「モヨウハタ」です。

図鑑で調べましたが食味評価は非常に高く、期待できそうです。さっそく調理に入ります。

何気にイケメンです。

写真 2015-11-21 14 29 47

毎度のことながら、まずはウロコをとります。流水しながらウロコを取ると飛び散らないのでおすすめ。

写真 2015-11-22 17 04 47

ウロコを取り終えたらエラ、ハラワタを取り除きます。

写真 2015-11-22 17 05 39

エラを取り終えたらハラワタを取り出し、水洗いしましょう。下の画像は頭を落としてあります。

写真 2015-11-22 17 06 47

ではお腹側から包丁を入れていきましょう。骨に沿って包丁を滑らせます。真ん中の骨に当たると「カタカタ」と音がします。

包丁の刃先が中骨に当たる音ですねー。

写真 2015-11-22 17 08 08

写真 2015-11-22 17 08 16

続いて背中側です。同じようにカタカタ音がするまで包丁を入れます。

写真 2015-11-22 17 09 25

写真 2015-11-22 17 09 33

ここまで完了させ、尻尾に近い部分をつまみます。

写真 2015-11-22 17 10 16

包丁の刃を尻尾側にむけ、差し込みましょう。

写真 2015-11-22 17 10 45

尻尾側に包丁を進め、完全には切らずに止めます。続いて包丁を反対にむけ、頭の方まで一気に滑らせます。怪我に気をつけてください。

写真 2015-11-22 17 13 15

先ほど尻尾側は完全に切っていないので、下の画像の状態になります。

写真 2015-11-22 17 14 02

後は尻尾側を切れば完成です。

写真 2015-11-22 17 14 21

三枚卸の手順は以上です。ほとんどの魚が同じさばき方なので、反復練習で覚えておくと便利です。魚がさばけるとかっこよく見えます。(うそです)

写真 2015-11-22 17 16 11

はい、三枚卸の完成です。ここから腹骨をとり除き皮を引いて刺身にします。ここからが割と難易度たかいんですよねぇ。。

写真 2015-11-22 17 20 00

腹骨をとって皮を引いたら、中骨を取ってしまいましょう。骨を抜いてもいいのですが、鮮度がいい魚は骨抜きで抜けないんです。

写真 2015-11-22 17 20 53

写真 2015-11-22 17 24 08

後は好みの大きさに切れば完成。大根、大葉があれば綺麗に見えるのでおすすめです笑

写真 2015-11-22 17 28 43

モヨウハタの刺身は図鑑の食味評価の通り、非常に美味しいです。食感は「アカハタ」に似てるかな。

参考:アカハタの刺身は値段の価値がありますよー!

ハタ系の魚は本当に美味しいのでお勧めです!見かけたら是非チャレンジしてみてください!

刺身だけではなく、煮付けはもちろん、からあげ、みそ汁、焼き、どんな調理法でも美味しいです!

今日はモヨウハタの調理法でした。

スポンサーリンク