【スーパー情報】商品を「育てる」ということ。これからは差別化が必要な時代になるでしょう。

a0782_000900

どこのスーパーも品揃えは大体同じで、違うのは価格だけになりました。

まさにレッドオーシャン。予言ですが、これからの時代は「差別化」が必要になります。今のうちから商品を育てておきましょう。

スポンサーリンク

商品を育てる

同じ商品の価格競争になんの意味があるのでしょう?それは消耗戦でしかありません。

消耗戦に参加するより、独自性を大事にし、差別化を図りましょう。それが今後生き抜くポイントになります。

差別化を図るためには「商品を育てる」意識が必要かと。価格競争の行き着く先は歴史から学べますが、大体が不毛な争いです。

価格を下げる為に問屋に負担をかけ、品質を落とし低価格に”見せる“争い。実に不毛。

そんな競争に参加せずに、商品を育てることを優先しましょう。

商品を育てるには初期の値下げは覚悟しよう

こだわりの商品がありますか?なければ「こだわり商品」を作ることから始めましょう。

あるのであれば、もう一度「こだわり要素」を考えてみてください。そこから色んなことが見えてきます。

僕がこだわる商品はシンプルで、「食べて美味しいもの」をこだわり商品にします。美味しいものは素材が良く、原価が高いことが多いですよね。

原価が高いので他の商品と比較すると、売価が高くなるのは当然です。

僕は実際に販売することが多いのですが、販売当初は本当に売れません。値引きが必ず発生しますねー。

リピートを獲得できる自信がある商品、どんどん値引いて食べさせましょう。それが商品を育てるということです。

食べて貰わなければ話にならない

値引きが発生しようが、初期は赤字になろうが、味に自信がある商品は食べて貰わないと話しにならないんです。

そして、売り続けないと結果につながりません。自分の直感を信じましょう。

値引きが発生しても「食べて貰う」ことに意識を集中させましょう。

商品知識のあるあなたの「直感」は間違いありません

あなたは特定の分野の商品知識があるでしょう。

商品選定ができる立場ということは、ある程度のキャリアがあるはずです。

そんなあなたの商品選定は間違いないんです。あなたが「美味しい」と感じた商品は、間違いなく美味しいんです。

自信をもって商品を育てましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

【スーパー情報】商品を「育てる」ということ。これからは差別化が必要な時代になるでしょう。
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする