ミシマオコゼは「超」へんな顔!でも鍋物、刺身で美味しいんです!

写真 2015-10-13 14 10 31

鍋シーズンになると地域によっては見かけるかな?

ミシマオコゼという魚です。見ての通り変な顔してますよね。

写真 2015-10-13 14 10 41

魚の中でも見た目的には特殊で、アンコウに近いです。お腹のほうはアンコウとほぼ同じ。

写真 2015-10-13 14 10 10

でも、ミシマオコゼは実は美味しい魚で、地域によっては高級魚になります。

スポンサーリンク

ミシマオコゼの調理法

個人的には「鍋」をおすすめしますが、どんな調理法でも食べることは可能です。

  • 刺身
  • 煮付け
  • 天ぷら、フライ
  • から揚げ(これもおすすめ)
  • 鍋物

調理する場合は、「トゲ」に気をつけてください。

写真 2015-10-13 14 11 07

ミシマオコゼの刺身

写真 2015-10-13 14 18 34

ミシマオコゼの刺身を作ってみましたが、感想は「歯ごたえがあっておいしい」です。

刺身で食べる場合は、昆布〆や、軽く塩をして〆てからの方が美味しそう。多分ですがね。方法はカマスの刺身の手法で書いています。下の記事を参考にして下さい。

カマスの塩焼きと調理法!実はとびっきり美味しい魚です!

水分の多い魚なので、少し〆たほうが美味しいかも。僕は生で食べましたが、それでも普通に美味しかったですがね。

手順は通常の魚と変わりません。

  1. ウロコをとる(ほとんど付いてませんが一応)
  2. 頭をおとす
  3. 3枚卸
  4. 腹骨をとる
  5. 皮をひく
  6. 好みの大きさに切る

これで刺身の完成です。

ミシマオコゼを鍋用に

鍋物用にする場合は、2枚卸の状態で、手ごろな大きさにぶつ切りましょう。

もちろん3枚に卸してもいいですよ。

写真 2015-10-13 14 16 05

写真 2015-10-13 14 20 00

身質はアンコウに近く、ぷりぷり感が半端ないです。

個人の感想ですが、非常に美味しい魚なので一度、食べてみてください♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク