企業は「売り上げ」だけに拘ると存続できない。売り上げは確かに大事だけど「中身」はもっと大事です。

bsPAK72_kawamurasalon15220239

自営業、会社の社長、役職各位、「売り上げ」だけを見てどうするんですか?

あなたたちが食べていくのに大事なのは、売り上げ、利益率ではありません。売り上げは確かに人気を示す大事な指標になるでしょう。

だけど、残念ながら売り上げだけで生活、企業を存続させることは不可能です。

スポンサーリンク

売り上げというもの

売り上げは、商品の買い上げ金額の累計でしかないのです。100円の商品を100人が購入してくれたら1万円の売り上げです。

企業は「売り上げ」を評価の1つの基準にしますが、これは非常に危険です。

先に述べたように、売り上げを伸ばしただけでは企業にプラスになりません。そこを勘違いしている企業が実際にあるんです。

企業が存続するのに必要なもの

それが「利益」です。

どれだけ売り上げを伸ばそうと「利益」を残せなければ企業は存続できません。これは当然ですよね。

商売は「利益」があって成り立ちます。これは商売の基本で、ここを理解していないと絶対に会社は存続できません。

「売り上げがある=人気がある」

これは間違いないのですが、「人気がある=儲かる」の式は成り立たないんです。企業が存続するには「利益」が間違いなく必要です。

基本中の基本ですが、これを忘れて「売り上げ」だけで評価する企業が多いような気がしています。

社員に「売り上げ」だけを追わすことのデメリット

売り上げを上げる場合、大事になるのは「仕入れ」。

社員に売り上げを追求することで、売り上げを上げようと「過剰仕入れ」になる場合も多いんです。

過剰な仕入れは在庫ロス、値引きロスにつながり、売り上げは上がったが「利益」は下がった。

こんな事例は少なくありません。社員としては当然の行為なんですよ、これ。

売り上げ”だけ”を上げるのは簡単、単純に「売価」を落とせばいいのですから。競合店より低価格で販売するだけで、売り上げは伸びます。

売り上げで社員の評価をするデメリットは、利益の低下の可能性があることです。

人気が先で利益は後から付いてくるは間違い

これは完全に間違いです。上司、本部の人間から言われていた言葉がこれ。

「先に人気を取り売り上げを上げれば「利益」は付いてくる」

ある程度の売り上げを確保することで、利益が取りやすくなるという妄想はそろそろ辞めましょう。

むしろ逆で、ある程度の売り上げ(人気)で利益確保に方向転換することで、人気を落としかねません。

町で人気のショップが潰れる背景には、そんな事情が隠れているかもしれませんよ。

企業を存続させるには「バランス」を大事にしましょう

お客は馬鹿じゃないです。

利益だけを追いかけると、お客は離れます。逆に人気だけを獲得しようとすると、売り上げだけ上がって企業は存続できません。

大事なのはバランスで、最初から「利益」が出る商売をしつつ、「人気」も獲得できるスタイルを見つけましょう。

人気をとるには、単純に「価格」だけ考えてしまいがちですが、他にも沢山の方法があります。あなたの企業に合った方法を模索してください。

単純に「売る能力」だけを評価する時代は終わりました。

人口は益々減り、店は増える時代になりました。一昔前のように、お客はいくらでもいる時代は終わったのです。

そこに気づき変化する時代になりました。

「別にあなたに買ってもらわなくても、買い手は沢山いるんだよ!」

こんな時代はとっくに終わっています。あなたの企業の強みを探すことが、これから生き残るコツかもしれません。

売り上げ”だけ”を追うのはそろそろ終わりにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク