ハガツオの食べ方と刺身について解説してみようと思う。

写真 2015-09-28 17 55 22

結構、知らない人も多いらしい「はがつお」の調理法を書いてみようと思います。

記事にもしたカツオの種類で触れていますが、個人的にはカツオの種類の中で、最も好きな刺身です。

ハガツオの食べ方で何が好き?と聞かれると、僕は迷わず「お茶漬け」と答えます。それでは自己紹介とともに「ハガツオ」の食べ方について行ってみましょう。

スポンサーリンク

ハガツオの自己紹介

ハガツオは実は「サバ科」の魚で、他の「かつお」と呼ばれる魚とは違い白身に近いのが特徴。カツオっぽくない魚ですね。

ハガツオの刺身

写真 2015-09-28 13 47 44

ハガツオの刺身の特徴は、他のカツオ特有の「臭み」がないところで、癖もないので万人に好まれる刺身でしょう。

鮮度がいいものは、上の写真のように透き通ったような身質。透明感が強いほど、鮮度が高いと思って間違いないです。ちなみに上の写真のハガツオは鮮度抜群!

刺身にする場合の手順は、他の魚の同じでイサキの刺身!梅雨時期が旬のイサキの捌き方解説しますなどを参考にどうぞ。

血合いを取る必要もありませんし、皮だけ取ってそのまま切ればOK!うん、簡単ですね。しかし、しかーし、生の刺身だけがハガツオの楽しみ方ではないんです。

スポンサーリンク

ハガツオの銀皮造り

ハガツオだけに限らずカツオもですが、銀皮造りという食べ方があります。この食べ方はカツオの「ハラミ」の皮をつけたまま刺身にする手法。

この記事の最初の画像の、おなかの部分に注目。背中の方には横線が入っていますが、おなかの方は銀色のみ。

食べ方には2種類の方法があり三枚卸にした後、単純に腹側を皮ごと刺身に切る方法が1つ。

もう1つが、湯引きした後に「氷水」で締めて刺身にする方法があります。個人的には「湯引き」をお勧めしますねぇ。理由は、湯引きしない銀皮造りは皮が口に残るためです。

ハガツオのタタキ

写真 2015-09-29 15 01 54

先に言っておきますが、ハガツオのタタキはかつおにうるさい嫁がうなったほどの一品です。

調理法はいたって簡単で、三枚卸したあとに焼くだけ。自宅で作る機会が多い方には手作り寿司、手作りタタキを作るとき絶対にあった方が便利なアイテムがあると便利。

できるだけ強火で一気に焼かないと、熱が通ってしまいます。注意点は皮目を強めに焼いて、身のほうを軽く焼くこと。

もう1つ、焼く前に軽くでいいので「塩」を振っておくと旨みが増します。

焼いた後は「氷水」でしっかりと身を締めましょう。後は切るだけなので簡単です。

本カツオのたたきと同様、ネギ、玉ねぎ、にんにくなどの薬味を入れると一層おいしいです。

ハガツオのその他の調理法

基本的には「生」で食べて美味しい魚は、何をしても美味しいというのが僕の持論。

シンプルに、生、焼くだけ、この調理法で美味しい魚というのは、素材がいいので何をしても美味しいです。

  • 刺身
  • から揚げ
  • 煮付け

どれでも美味しく食べることができます。中でも僕がお勧めしたい調理法、それがお茶漬けです。

ハガツオのお茶漬けは、クックパッドなどの「カツオ お茶漬け」を参考にしてくれたらいいです。手順はほとんど変わらないので。

漬け込んだハガツオを茶漬けにすると最高です!!食べたことのない方は是非いちど!!

その他のカツオについては

カツオの種類をどこまで知ってる?カツオにも種類があるんですー!

ソウダガツオのタタキが超うまい!知って損はないソウダの豆知識を語ってみる。

かつおのたたきがスーパーで販売されているけどネットで購入した方がお得!

参考にどうぞ。

スポンサーリンク