インターネットの向こうには「人間」がいる。ネットの世界もリアルとは何ら変わりないことを理解しておきましょう。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-09-150912235990-thumb-1000xauto-19289

ものすごく便利な「インターネット」ですが、どんなに素晴らしいツールにもメリット、デメリットがあります。

会ったこともない遠くの人とつながれたり、自分が知らない知識もインターネットのおかげで知ることができます。

そんな素晴らしい「インターネット」にも「闇」が。

ほとんどの人は身内でのSNS、LINE程度の使用でしょうが、ブログを始めたことで多くの人とつながるようになった方は、もう一度インターネットについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

リアルとは何ら変わらないインターネット

インターネットはリアルと何ら変わらないんです。

いや、むしろ自分が特定されにくい分、ネットの方が危険かもしれません。

ブログを始めるとアクセスが欲しい欲求に駆られますが、アクセスが上がるということは多くの人の目に留まるということ。

多くの人の目に留まるということは、多くの意見が出ることを理解しておきましょう。

アクセスが欲しくて、身内でワイワイやっている内は共感意見しかでてきません。

だけど、拡散されればされるほど多くの人の目に留まり、批判、ネガコメが現れることを覚悟しなければ心折れてしまいます。

リアルと同じで、ネットの世界にも、ひがみ、ねたみ、これらの感情はあるのです。

自分の気持ちを発信することは「誰か」を傷付けることもある

あなたが「自分の思い」を発信している場所は、誰でも見ることができる「ブログ」なんです。

何気なく書いた記事が、見ず知らずの誰かを傷付けることだってありえます。

どれだけ万人が共感する意見を発信しても、「例外」というのは現れ、批判的な意見も出るでしょう。

これは逆も同じで、100人中99人が共感しない意見にも、1人の共感者が現れることだって有りえます。

炎上狙いの本当の狙いってここなのかも知れません。ここ最近、「炎上してもいいからバズってみたい」という意見を見かけます。

炎上するということは「誰かを傷つけている」ということを覚えていて下さい。

アクセスが欲しい為に、誰かを傷付けているんです。その記事には「愛」なんてありません。

誰かを傷付けてアクセスを稼ぐような真似はやめましょう。

インターネットに「優しい言葉」を求めているなら大間違い

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-YUKA863_korekore15202501-thumb-1000xauto-19064

インターネットに優しい言葉を期待しない方がいいと思います。

自分の気持ちを発信し、共感意見ばかりが出ることは100%ありえません。

優しい言葉ばかりではないんです。残念ながら。全く同じ価値観の人間はいないんです。

もし、共感者ばかりの時は注意してください。ネットには「自分の正義」を信じて疑わない人間がいます。

そして、その正義の下には多くの共感者が存在します。そういう人間に「コイツは叩いても大丈夫」なんて思われたら大変。

正義の名の下に批判し、いつのまにか「集団vs個人」になってしまいます。

ネットに「優しい言葉」だけを期待するのは辞めましょう。

誰でも見ることのできるネット上に、記事を公開していることは忘れてはいけません。

インターネットの普及で幸せになった人、不幸になった人

インターネットの普及で、自分の意見を世界中に発信できるようになりました。

それにより大きな成功をし、ネットのおかげで幸せを掴んだ人もいるでしょう。その反面で、ネットのせいで不幸になっている人もいるのかも知れません。

例えばイジメの場が、トイレからLINEになっているのかも知れません。

肉体的に痛めつけられるのではなく、精神的に痛めつけられ、大人が知らないネット内でSOSが発信できないかも知れないんです。

身内の誰かが事件を起こし、身内の個人情報が全国の人に知られるかもしれません。

何が言いたいかというと、ネットは使う人で良いツール、悪いツールになるんです。

良い使いかた、悪い使いかた、どちらも同じ人間が使っていることを忘れてはいけません。

「ネット社会が悪い!」、「ネットのせいで不幸になった!」、なにかとネットが悪いように言われる場合もあります。

しかし、ネットをツールとして使用しているのは「人間」なんです。

■■■■

思うのですが、人間だからこそネット上に「優しい言葉」も増えてもいいのかなーと思ってます。

つながり、仲間、楽しみ、感動、これらの全てがネット上にはあります、逆に、怒りや悲しみなどの感情もネット上にはあります。

人間が使っているツールなので、いい面での感情がネット上に溢れると、もっと楽しくなるのかも知れないですね♪

スポンサーリンク