「考える」事を忘れてしまうと何の変化もないままです。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK86_thesyachiku20140407074103-thumb-1000xauto-18233

とある社員が言いました。

「うちの会社の人間は本当に良く頑張ってるよね。だけど会社は評価してくれないよね。」

企業によっては社員の評価をできない企業が確かにあります。

そういう企業で業績を伸ばしたところで、評価、賃金は上がらないでしょう。だって、評価がそもそも上がらないから。

だけど「頑張ってる」という言葉、便利だなーと思うんです。例えば

「朝9時から、22時まで仕事して頑張ってるのに給料が上がらない!」

これ、違うと思うんです。大事なのは中身で、たとえ12時間仕事をしたからといって、企業の利益が上がらないと賃金は上げられないんです。

これが次のような場合

「12時間費やしていた仕事を、9時間で終わらせる事に成功し、業績も伸ばせました。」

この場合、企業にとっては利益が出ますよね。3時間の残業代の削減、経費は落として業績も上げたのなら素晴らしい事だと思います。

「頑張った」というのは「結果」が伴い周りが評価する事で、自分達で評価する事ではないんです。

評価を得るためには「考える」事が必要です。「どれだけ頑張っても賃金なんて上がらないから頑張っても無駄」と思考停止するのではなく

どうすれば企業の利益になるのか?を考える事も必要です。

考えて、工夫して、改善し、継続的に業績を伸ばしてから、「評価されない」と結論付けるべきです。

業績に変化もなく、改善もしていない状態で、「勤続年数が長いのに給与があがらない」なんて意見は間違っていると思います。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-AL202syazai220140830165542-thumb-1000xauto-17575

僕は数年前、転職をしました。

新しく入った企業は12時間労働で、ダラダラした仕事をする企業。

そこで、社員は口をそろえて「拘束時間が長い」と言っていました。決まり文句の

「うちの会社は法律に違反している」、「組合がないからこんな事になるんだ」などなど。

確かに法律には反しているのでしょうが、会社は利益があって成り立っているので

業績を上げずに労働時間を削減すると、単純に「人手」を増やすことになります。人手が増えると経費が上がります。

結果として、時間を削減し人手をふやした分「社員の給与」が下がります。

「労働時間は短縮したいけど、賃金が減るのは困る。」という結論になり、「ダラダラ時間を過ごして残業を稼げればいい」と結論を出す。

ここで考えるのをやめてしまっているんです。

労働時間に対して不満があるのであれば、作業の効率化をめざし、時間短縮し、業績を上げることです。

目指すべきは

「作業効率化で時間を短縮した上、利益も○○%アップ、経費を押さえた上に利益が向上したので評価をして欲しい」

ここだと思います。しかし、これに成功したとしても、評価してくれる企業ばかりではありません。

既存の固定概念にとらわれ、変化を嫌う企業も中にはあります。押さえつけられるばかりの企業には、見切りをつける時も必要です。

企業の評価は関係なしに、「作業効率化」について「考える」。

売り上げ、利益を上げるためにはどうすればいいか「考える」。

「考える」という事を忘れないようにしましょう。簡単なことですが、大事なことだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. まんでんほう より:

    頑張って