きんきという魚を知ってますか?煮付けをするならキンキが最強

写真 2015-12-19 13 52 16

一見、赤魚にも良く似た魚ですが写真の魚は噂の高級魚、きんきという魚です。正式名称はキチジですが、地域によって呼び名が違います。ちなみに漢字でかく場合は吉次、喜知次とかきます。

さて、そんな高級魚きんきをご存知でしょうか?今回はきんきについての記事ですが、高級魚きんきを徹底解剖してみようと思います。

スポンサーリンク

きんきという魚

恐らく全国各地、魚に関する知識が多少でもあるならば口をそろえて言うはずです。

高級魚だと。見た目的にはカサゴと変わりがありませんが、キロ単価はおどろくほど差があります。一応、鹿児島の相場になりますが比較してみましょう。

きんきの単価(値段、価格)を他の魚と比較してみる

時期にもよりますが、鹿児島から注文した場合のきんきのキロ単価はそれほど変わらない印象です。

鹿児島の高級魚と比較してみましょう。(※あくまでも僕が住んでいる地域の単価です)

  • アマダイ 3000円~5000円
  • ノドグロ 3000円~4000円
  • 天然ひらめ 2000円~3000円
  • シマアジ 2000円~4000円
  • 金目鯛  1800円~2500円

思いつく高級魚はこんなところでしょうか。写真のきんきはキロ単価6000円だったので、上の魚と比較しても最高値なのが分かりますね。

ちなみにキロ単価に開きがあるのは、大きさによって単価が非常に変動する為です。こうやってキロ単価で考えると、きんきがどれくらい貴重な魚なのか分かって貰えるかと思います。

きんきの旬、産地は?

僕が住んでいる鹿児島県に出回るきんきは、ほとんどが北海道産のきんきが主流です。

写真のきんきも北海道から取り寄せたものです。

写真 2015-12-19 13 52 30

網走漁業協同組合と書かれていますよね。釣りものの活〆のきんきですね。

きんきは北のほうで水揚げされる魚で、青森、宮城、福島、岩手でも水揚げがあるようです。旬の時期は水温が下がる季節で、11月~2月にかけて脂が乗ります。

ちなみに旬の時期になり、食べごろになってもスーパーや近所のさかな屋さんに並ぶことは少ないです。理由はやはり価格の問題で、百貨店や高級料理店でしか見かけることができません

金銭的に余裕があるときに食べたい場合は、特別な注文になることは言うまでもありません。

スポンサーリンク

きんきの調理法

写真 2015-12-19 13 52 05

きんきの食べ方といえば煮つけが有名ですが、刺身や塩焼きでも美味しく食べられます。

今回、刺身と煮付けを食べ比べてみることにしました。贅沢ですみませんw

きんきを湯引きして刺身で食べてみる

まずは刺身から食べてみます。今回、特殊な刺身の方法、湯引きの手順を紹介してみます。

魚は全般的に皮と身の間にうまみ成分があります。以前、記事にしたメジナの刺身や鯛の湯引きでも書いています。

参考:メジナの刺身は主に3種類!調理法、食べ方を解説します。
参考:チダイのさばき方と特徴を解説してみるよ!鯛にも種類があるんです。

一応、念のために湯引き、焼き切りを試してみようと思います。

きんきの湯引きの手順を簡単に。

きんきの湯引き

きんきに出刃包丁のさきで切り込みを入れ、沸騰したお湯をかけます。その後、氷水を準備し、氷水からあげたらタオルなどで水気を拭き取ります。湯引き、焼き切りに関しては上にあげた参考リンク、もしくは以下のリンクを参考にして下さい。

参考:イサキの刺身!梅雨時期が旬のイサキの捌き方解説します

きんきは脂が非常に多い魚です。おろした状態の写真をどうぞ。

写真 2015-12-19 14 07 04

なんかこう、光ってるのが分かりません?これ、脂です。ここから皮目にお湯をかけて氷水で〆ます。

写真 2015-12-19 14 10 16

水からあげたら水気を拭き取りましょう。そして腹骨を取り除きます。

写真 2015-12-19 14 13 25

うーん綺麗ですね。

写真 2015-12-19 14 14 35

この状態から骨抜きで骨をぬきました。そして刺身に切っていきます。

写真 2015-12-19 14 19 21

写真 2015-12-19 14 19 00

感想としては、超うめえwww

なんというか、味わったことのない食感です。脂が乗っているので醬油をはじきますねぇ。煮付けの評判も良いですが刺身もやっぱり絶品です。

きんきの煮付け

続いてきんきの煮付けですが、妻に作ってもらいました。ウロコをとって贅沢に2つ切りに。

写真 2015-05-12 13 27 20

きんきといえば煮付けで食べることが推奨されていますが、本当に煮付けが1番おいしいのでしょうか。。。妻の調理法は実にシンプルです。

  • 白だし
  • みりん
  • 砂糖
  • しょうが

分量は分かりません、妻が作ってくれたのでw

写真 2015-05-13 19 21 16

そして感想は、きんきを食べるなら刺身より煮付けがお勧めです!

これはやばいっす!もう、他の魚の追随を許さないでしょう!全ては食べてみたら分かります。

やはり、高級料理店でも煮付けで出されますが、煮付けにするのには理由があるんですねー。まじでうまいです。

きんきの開き、塩焼きは?

割と見かけることもあるかと思いますが、決して煮付けや刺身にひけを取る訳ではありません。

というか、脂がある魚なので、どんな調理法でも美味しく食べられることは間違いない。だから、塩焼き、乾燥させた干し物でも間違いなくおいしいでしょう。

本当に美味しい魚は、どんな調理法でも美味しいんです。ということは、から揚げやソテー、フライなどにしても最高に美味しく食べられます。

きんきの食べ方の結論

刺身ももちろん美味しいです、だけど、やっぱり始めて食べるなら煮付けをお勧めします。

きんきの塩焼きや干し物も見かけますが、どうせ高いお金を払って食べるのなら取り寄せて煮付けを食べて欲しいですねぇ笑

という訳で、結論は煮付けが最強だと思います!ちょっと調べてみると鍋物での商品もありました。

北海道産 キンキ ( めんめ )の 味噌 仕立て 鍋 セット (4人前前後) ※クール便対応

新品価格
¥6,980から
(2016/1/6 21:34時点)

鍋物でも間違いなくおいしいでしょう!北海道の生のきんきが欲しい方は

北海道極上釣りきんき(生キンキ 大型 500g超)/尾【北海道海鮮グルメ・お祝いギフト特撰商品】

新品価格
¥7,800から
(2016/1/6 21:36時点)

築地魚群 干物 キンキの開き 国内加工 1枚

新品価格
¥1,669から
(2016/1/6 21:37時点)

短い人生で一度は食べてみて欲しい魚なので、ぜひ金銭的に余裕があるときに試してみてください♪

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

きんきという魚を知ってますか?煮付けをするならキンキが最強
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 金山 直志 より:

    キンキと言ったら煮つけですね!
    実家でも甘くして煮てました。
    砂糖と醤油を使って煮るのがベスト!
    って個人的にも思いますね。

    しょうがつけるのも旨そうですね!
    実家帰った時に親に進言してみようと思います。

    おいしそー!

    • のんべえ より:

      >金山 直志さん
      きんきの煮付けは最強です(笑)
      実家でもということは、北の方の出身ですか?
      ぜひ、進言してみてください!