キーワードの選定はもちろん大事だけど「カテゴリ」のキーワードも大事なの知ってる?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-UNI_MONV15002722-thumb-1000xauto-14713

ブログでアクセス集めるには「記事タイトルのキーワード」が大事なのは知っていますね?

タイトルのキーワードはもちろん大事ですが、カテゴリーのキーワードも大事なんです。

気付いたきっかけは、このブログは鹿屋市のラーメンさんを主に記事にしていました。カテゴリーは「鹿屋市 グルメ」です。

アナリティクスのキーワードをチェックしていると「鹿屋市 グルメ」で検索流入がある事に気付きました。

僕のブログの「記事タイトル」に「鹿屋市 グルメ」というタイトルの記事はありません。

これ、カテゴリーページが検索結果に表示されているのです。

気になる方は「鹿屋市 グルメ」で検索してみてください。そこでSEOに関して思い浮かんだのがバズ部。

すると出てきました。ロングテール、ミドル、ビッグキーワードについての記事が。

ロングテールキーワードは記事ページで攻略

記事ページでは基本的にロングテールキーワードに絞ってコンテンツを作る。

ここで大切なのは、どれだけ検索数の少ないキーワードだとしても決してコンテンツの質に手を抜かないことだ。なぜなら、一つ一つの記事がユーザーニーズを120%満たしており、一人一人のユーザーから感謝されるものになっていなければ、ソーシャルメディアでシェアされずナチュラルな被リンクも得られないからだ。

シェアも被リンクも得られなければ、どれだけコンテンツを量産してもSEO効果は上がらないし、後述するカテゴリーページやトップページのSEO効果も現れなくなる。

引用:バズ部

記事ページで攻略するのは「ロングテールキーワード」だと書かれています。ちなみに、ロング、ミドル、ビッグキーワード3つの解説がされていますが

※1.検索数3000以上のものをビッグキーワードと定義
※2.検索数500以上のものをミドルキーワードと定義
※3.検索数500未満のものをロングテールキーワードと定義

このようにバズ部では定義しているようです。検索数500未満のキーワードは「個別記事」で攻略しようという事です。

大事なのはここからです。ミドルキーワードの攻略はこのように書かれています。

ミドルキーワードはカテゴリーページで攻略

一つ一つの記事ページに巡回してくるクローラーは内部リンクを辿ってカテゴリーページに回ってくる。そのため、カテゴリーページは記事を投稿する度に強くなっていく。例えば、「コピーライディング」と検索したら2位にいるバズ部のページはカテゴリーページだ。

このように、ロングテールキーワードを使って作成する一つ一つの記事で徹底的に良質なコンテンツを作り、そこからカテゴリーページに対する適切な内部リンクを貼れば、それだけでこのようなミドルキーワードも同時に攻略することができる。

引用:バズ部

ミドルキーワードは「カテゴリー」で攻略しよう。

ミドルキーワードは「カテゴリー」で攻略しよう。

大事な事なので2回書きました。ミドルキーワード(検索数500以上)のキーワードは「カテゴリー」で攻略するといいようです。

ここまで書けば理解できますよね?カテゴリーのキーワードの選定は「超大事」なのです。

それでは「カテゴリー」を適当に決めていた皆さん、カテゴリのキーワード変更に励みましょう。

キーワードの選定については【SEOキーワード選定方法】第1章:検索エンジンとは何だ?で詳しく解説されていますので参考に。

僕も数ヶ月前まで全く意識してませんでした。数ヶ月前に一斉にカテゴリーを変更したところ、カテゴリーのキーワードは軒並み上がりました。

カテゴリーのキーワード選定、大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク