地方の若者は「都会」に憧れ消耗して帰ってくる!都会に憧れ地方を出る前に目的を見つけよ!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N112_rakugakitatazumudansei-thumb-1000xauto-14435

今月で仕事辞めます!

退職する若者に退職する理由を聞くと「県外に出ようと思ってます!」という回答は本当に多いです。これは鹿児島だけに限らず、他県の地方でもある話でしょう。

最近、僕の職場にも再就職した若者がいるんです。その若者は1年前に「県外に出ます!」と退職して行きました。

地方の若者は「都会」に憧れます。僕も例外では無く「県外」に出た事はありますが、「合わない」という理由で半年ほどで帰省しました。

帰ってきた若者は「合わなかった」と皆が口を揃えて言いますね…。

僕らの世代は携帯電話が今ほど普及していませんでした。

現在、地方の若者の「都会への憧れ」はスマホの普及、SNSの普及で昔より強いように感じます。

地方から県外に就職していく人間は多いです。SNSの普及により「断片的なリア充」の部分だけを見て「県外に出れば楽しそう」と簡単に県外に出る決意をします。

これ、絶対に間違ってます。

県外に出て行く多くの若者の理由は「何となく」です。とりあえず県外に出れば何か変化があるんじゃないか?

環境が変わったからといって劇的な変化なんてありません。「何かを変えたい」と考え、県外に出ても「自分」が変わらないと何も変わりません。

大きな環境の変化を決断する時は、目標、目的が必要。目的も無く他県に行く若者は、地方にいても同じです。

自分を変えるのは「場所」では無いんです。現状で何か出来る事は無いか考え、その先で「目的」を持って上京しましょう。

地方でも楽しい事はありますよ。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

地方の若者は「都会」に憧れ消耗して帰ってくる!都会に憧れ地方を出る前に目的を見つけよ!
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク