この時期が来た!毎年この時期に現れる「匿名さん達」彼らは正義を信じて今日も暴言を吐く

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-HOTE86_bakusuicyu15233919-thumb-1000xauto-14678

ここ数日、ワードプレスのメールフォームにメール、コメント欄へのコメントが届きます。

もうそんな時期なんだなー。毎年この時期になると、僕のブログには「匿名」の方々から暴言が飛んできます。

中傷の対象になるのはこの記事です。そうです、もうすぐ「土用丑の日」がやって来るんです。

この記事が「匿名」の方達は気に入らないようで、毎年のように「消せ」、「祖国のうなぎは祖国で売れ」、「在日」とか好き放題言うんですよ。

7,8月くらいまでですかね~。こういう人達と文字でやり取りをすると思うのですが、中傷してくる匿名の方々は「思い込みの激しい人」が多いんです。

僕の感想で「中国うなぎ」は美味しかった、と感想を述べ、思った事を書いた記事なのです。しかし、その数日後にとある企業の社長さんに「中国うなぎ」についての話を聞けました。

その後に書いた記事が、さっきのリンク先の記事の下部に追記した記事。

あの記事を書いてから匿名の方々の「暴力性」が上がりましたねー。イメージ的には銅の剣から、鉄の槍くらいに。

  • びびる位なら最初から祖国の商品アピールするな
  • 別記事あげたくらいじゃ納得できない、あの記事を消せ

こんな感じで毎年のように頭の悪い中傷して来るんですよ…。はぁ。これらの方が同一人物なのかは不明。

そんな中傷はビールでも飲みながら、鼻で笑っているのですが問題は「彼、彼女?らは本気で正義の行動だと信じている」という事です。

「俺は国内のうなぎ屋を守りたい」とか、「俺達は愛国者だ」とかね。これ、恐らく本気で言ってると思うんですよ。

そして予想していない意見まで飛び出してきます。何かを発信するときは、予期せぬ所から非難が来るんだなーと実感。

匿名さん達はあの記事が、本気で中国産うなぎを売りたいために国外の人間が書いたと思っています。

中国食材を推奨するような発信をすると、「日本人じゃない」と思い込む。そして、自分達の行動は「日本の為の正義の行動」だと信じてるんです。

僕はれっきとした日本人ですし、中国うなぎを推奨したい訳でもありません。だけど、これは匿名さん達に証明する事は出来ないんです。

長文で「中国がの国力が上がると日本がどうなるか?」なんて送られてきた事もありました。

暴言を吐く匿名の方々の共通点が、思い込みが激しい、文章を勝手に解釈するという特徴を持っています。

本気で中国うなぎを僕が推奨し、中国うなぎの売り上げに貢献しようとしていると考えているのでしょう。

そして、あの人達は「自分達の行動は正しい」と信じているので、あれ程怒り狂えるのでしょう。

もっとほかの事に情熱を向ければいいのに…という雑記でした。

※あの記事を消せばいいんじゃ?と思う方もいるでしょうが、絶対に消しませんw匿名さん達が中傷を辞めたら消すかも(知らんけど)

スポンサーリンク