値入率の計算式を覚えよう!商品の売価を設定する

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK88_tsurareneko20150109081309-thumb-1000xauto-18000

今回は「値入率」の計算式です。粗利率については、粗利率の計算をしよう!企業は利益なくして存続できないで書いています。

値入という作業も、商品を販売するには欠かせない大事な作業です。この値入が最終的な「粗利」や「純利益」に大きく関わってきます。

スポンサーリンク

値入率とは

値入率というのは、商品の売価の中の「利益の割合」のパーセントです。

この値入率は非常に大事で、企業が設定している「粗利率予算」などが取れない原因は「値入率」にある場合が多い。

基本的に「粗利率」が「値入率」を超えることはありません。では解説していきます。

値入率の求め方

商品の値入率の見直し作業は大事な作業になります。

企業の粗利率予算に届かない場合、値入率を見直してみると良いでしょう。計算式は以下

(売価(販売価格)-原価(仕入れ価格))÷売価×100=値入率

例えば70円原価の商品、売価100円の商品の値入率は

(100-70)÷100×100=30

値入率は「30%」となります。

これで、商品の「値入率」を算出する事が出来ます。続いて値入率と粗利率の違いについて。

値入率と粗利率はどう違うのか?

値入率と粗利率の違いは、ロス率や廃棄率に関係します。つまり

値入率は商品を販売する前、粗利率は商品を販売した結果のパーセンテージになります。

上述した例で考えましょう。100円の売価、70円の値入率は30%です。この商品が値引き無し、廃棄ロス無しで完売した場合は「粗利率」は30%です。

しかし、売れ残りや値引きがで「ロス」が5%発生した場合は、粗利率「25%」になります。

スポンサーリンク

商品原価から「値入」を入れる計算式

企業の「粗利率予算」が30%と仮定し、65円の商品に35%の値入率の売価を設定するとします。

35%の値入率の売価設定をする理由は、上述した「5%のロス」を考慮している為。商品原価から値入作業をする場合は以下の計算式になります。

仕入原価÷(1-値入率)=売価

では数字を当てはめてみましょう。

65÷(1-0.35)=100

まず商品の原価は「65円」、次に「1-0.35」となっていますが、値入率35%入れたいので1から0.35を引く事になります。

結果、65÷0.65=100となります。65円の商品に「35%」の値入率の売価を設定する場合は100円となります。

粗利率を上げるためには欠かせない値入率の計算

ここまで何度か書きましたが、値入率を粗利率が超えることはありません。

という事は「粗利率予算以上の値入率」を入れる必要があります。

35%の粗利率予算であれば、40%以上の値入率の売価を設定しなければなりません。値引きロス、廃棄ロスなどを考えて値入をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 理系なんですが、頭がいたいです(^_^;)

    応援しておきました。ポチッ

    • のんべえ より:

      >矢田@医療職兼業トレーダー
      慣れれば簡単ですよ♪
      応援は何の応援ですか?ブログランキングは抜けました(笑)