スーパーの今後を考えてみる。これから先の競争は激化するでしょう。

写真 2015-06-07 12 21 07

自分自身、スーパー業に長く携わっていました。スーパーマーケットの今後はどうなっていくのか考えてみました。

結論から書くと、スーパーだけに限らず販売業の競争は激化し、力の無い企業は衰退して行くでしょう。

スポンサーリンク

インターネットの普及

インターネットの普及で僕らの生活は益々便利になりました。今ではAmazonや楽天などで手軽に商品を購入する事が出来ます。

ネット市場はどんどん大きくなっています。ネット通販、スーパーやコンビニ上回り、市場規模1位~追う流通各社の課題、CtoC元年によると

IT分野の市場調査会社、MM総研の推定によると、13年度(13年4月~14年3月)のネット通販市場(個人ユーザーが関与するBtoC=企業対消費者取引、およびCtoC=消費者間で行われる取引の合計)は前年度比12%増の15.9兆円。国内消費全体の5.6%を占める。一般医薬品のネット販売の解禁などもあり、15年度には20.1兆円に拡大するとみている。

現在も拡大しているネット市場ですが、この先も益々大きくなっていく事が予想されます。

さらに、近年では「ネットスーパー」を展開していくスーパーも増え、店舗に行かなくても買い物が出来る時代になりました。

ネットスーパーのメリット、デメリット

ネットスーパーが便利な人について考えると

  • 時間が無い人
  • 産後や病気中の主婦
  • 1人暮らし
  • 免許が無い人

僕が考え付くのは現時点でこれ位。これらの人たちには「ネットスーパー」は便利ですよね。

しかし、デメリットもあると考えています。僕が考える一番のデメリットは、商品を直に見てチェックできないという点です。

自分でスーパーに足を運んで商品を選ぶ際は、同じ価格でも鮮度の良い物、賞味期限の長い物、大きな物など選択できます。

ネットスーパーで購入する場合は「商品選択は店側」という事になりますので、売り場の中でも「よりよい品物」を選ぶ事は無いでしょう。

しかし、ガソリン代や労力を考えるとネットスーパーは便利で、小さなお子さんを数人連れて買い物に行く労力を考えると魅力のある買い物法です。

少子化による人口減少

日本では少子化による人口減少が問題視されています。日本の総人口は年々減少。

souzinnkou画像引用総務省統計局

人口は減少していますが、スーパーやコンビには増え続けています。

特にコンビにの出店状況は凄まじいの一言。コンビニの出店状況については【主要10社】コンビニの国内店舗数推移をグラフ化(1983年~)に詳しく書かれています。

上記リンクは主要10社の推移ですが凄まじいものがあります。1987年が7060店舗ですが2015年には52417店舗になっています。

コンビニといえどスーパーにとっては競合になります。少子化問題で人口は減少していますが、販売店舗は増えている現状です。

これらの事からスーパーの今後を考える

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-VER88_kazegahuku15151434-thumb-1000xauto-17299

「人口が減少していく=客数が減る」これは必然。地方なんて特にそうでしょう。

これにより、価格競争や集客競争は益々激化することが予想されます。正に「レッドオーシャン」の戦いになります。

さらに力の無い企業は「深刻な人手不足」にも悩まされるでしょう。

結果として「力の無い企業」は衰退して行くことが予想できます。力の無い企業というと主語が大きいので、僕が考える「力の無い企業」について書きます。

社員の意思統一が出来ていない企業、企業の方針が明確でない企業

社員の意思統一が出来ていない企業はバラバラ。

企業が「右向け」といえば左を向く社員が多くいます。競争が激化する中で、そんな状況では間違いなく勝ち残れません。

競合店は日々スキルアップしていると考えて間違いないです。業界トップの企業が何故トップでいられるかというと、トップであるにもかかわらず「スキルアップ」を怠らないからです。

トップになる事は難しい事ですが、それより難しいのは「維持すること」です。挑戦者としてチャンピオンに挑むより、「チャンピオン」として迎え撃つ方が難しいんです。

さらに、企業の方針が明確で無い企業は必ず負けます。企業の内情によって方針は変化します。

既存店の底上げなのか、売りに走って人気を取るのか、社員に企業の方向性は明確にしましょう。

今後スーパー業界は間違いなく厳しくなる

これは間違いありません。人口減少、コンビニ、競合店の出店により競争は激化します。

これを乗り越えるには「差別化」が必要になってくるでしょう。

未来の計画を今のうちに練っておきましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

スーパーの今後を考えてみる。これから先の競争は激化するでしょう。
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする