時間が無い?ブログなんて暇が無いと出来ないという話をする知人に思うこと

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-01-PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151500-thumb-1000xauto-5952

何気ない日常の会話の中で、「ブログって稼げるらしいね!」と話し始めた知人。

「だけどなー。俺、暇が無いしさー。ブログなんて暇な人しか出来ないよねー。俺達の職業じゃ無理な話だよね。」

と話を振ってきました。ちなみに知人とは同じ職場で、僕がブログやっている事は知りません。

さて、僕は同じ環境で「ブログ」をする時間を「作っている」訳ですが、知人いわく「僕らの職業では」ブログなんてする時間は無いとの事。

確かに仕事の時間は長めの企業、それでも時間を作って更新している僕と彼の違いは何でしょうね?

スポンサーリンク

始められるか始められないかの差は大きい

始められるか否かは大きな差につながります。

例えばダイエット1つにしても、「時間があればジムに通うことも出来るのに」と話す人。この人ね、時間が出来ても通いません。

本当に始められる人で、やる気があるなら「時間を作ってでも」実行するでしょう。出来ない人は「出来ない理由」から先に考えるからダメなんですよねー。

経験する事でスキルは磨かれる

ブログにしてもそうですが、「やってみないと分からない事」は多いです。

例えば「ブログは簡単にアクセスが稼げる」と思っている人は多いでしょう。世間に出回ってますよね?

初心者でも月間○○PVを簡単に稼げる方法!

なんて情報がね。僕の知人も今日言ってました。

「俺は作文得意だったから暇があれば多分アクセスは稼げるはず」とね。

知人との会話の流れは以下

知人   「俺は作文得意だったから暇があれば多分アクセスは稼げるはず」
のんべえ 「いや、スタートも出来ないのに無理だろ」
知人   「は?」
のんべえ 「は?」

知人   「スタート出来ないってどういう意味?」
のんべえ 「時間があったら出来るって言うやつ大体出来ないよ。お前が本当に稼げると思うならやればいいじゃん?」
知人   「時間が無いからなー」
のんべえ 「はいはい」

まぁ、ブログをするのもしないのも個人の自由なので、誰かに強く勧めることはしませんがね。

でも、本当の大変さは始めてみないと分からない。何事も上っ面だけで簡単そうとか、楽そうに見える作業って実は大変な作業の場合の方が多いからね。

で、何が言いたいかって登場人物の知人は「時間があっても出来ません」という事が言いたいんです。

何かを始めるときは、とりあえず始めてしまう事が大事。それで取り組んでみて出来ないなら出来ないで良いでしょう。

もったいないなーなんて思ったというただの雑記でした。

スポンサーリンク