借家(賃貸)のメリット、デメリットについて考えてみた。マイホームは本当に必要なのか?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-03-PAK74_denkime-ta-14090301500-thumb-1000xauto-12261

マイホームvs賃貸住宅(借家)はどっちが得なのか?については結論の出ない論争になりますよね。

マイホームはメリット、デメリットがありますし、借家ももちろん同じです。僕は昨年まで「マイホーム」が早く欲しくてたまらない時期がありました。

モデルルームを頻繁に見に行ったり、お風呂はどうしよう?、キッチンはどうしよう?なんて妻と話をしている時期があったんです。

しかし、今の気持ちは「急ぐ必要ない」という結論。その結論に至ったのは僕の性分にあります。

僕は物凄く心配性で、この先の未来も不安なんです。だから「ローン」に縛られたくないんです。今からローンを30年組んだとして、30年間マイホームのローンの為にあくせく働かないといけません。

さらにはローンが終わる頃には「リフォーム」が必要になる場合もありますよね?固定資産、修理費用、こんなのは僕には払えません。

借家は「家賃を払い続けても自分の家にはならない」というデメリットは確かにありますが、僕の性分や未来の僕の生き方を考えたら「借家」の方がメリットは大きいと結論付けました。

スポンサーリンク

まずは借家のデメリットについて考えてみる

もちろん、借家(賃貸)にはデメリットがありますが、僕の生活にはメリットの方が大きいでしょう。

その借家のデメリットを考えてみましょうか。

自分好みに出来ない

一番の僕の中でのデメリットはこれ。例えば僕「お風呂」は足を伸ばしてゆっくり入りたいんですが、今の借家の風呂は狭くて足を伸ばすなんて、とてもじゃないけど出来ません。

それでも「お風呂場を思い切って広くしよう!」なんて出来ないんです。これが賃貸のデメリットでしょう。

住んでみてどうしても自分に合わないからといって、リフォームは出来ません。我慢して住むか、引っ越すしか選択肢は無いんです。

引っ越すにはお金がかかります。マイホームでは自分の好みに「リフォーム」が出来まるので、自分に合わない場合は「自分好み」に改造できるんです。

借家のデメリットの1つは「リフォーム」出来ないという点ですね。

家賃を払い続けても持家にはならない

これですね。例え30年間家賃を払い続けても、自分の家になる事は絶対にありません。

僕は借家を借りて3年ほどですが、マイホームを建てて3年間ローンを払っていたらそれなりの金額になっていたでしょう。

例えば5万円の家賃を3年間払ったら、年間60万円、3年間で180万円を丸々損している事になります。これは非常に勿体ないですよね…。

だけど、住む場所無いと困るので払わないとしょうがないですもんね。借家は何十年、家賃を払っても持家にはなりませんが、マイホームはローンが終わると住む場所は保障されるメリットがあります。

ペットが買えない、構造が簡単で不便

ペットが欲しいとは思っていませんが、将来的に欲しい場合も借家では飼えないですね。中にはペットOKの借家もありますが、NGの借家がほとんどでしょう。

現在住んでいる借家もそうですが、断熱材が入っていない、壁が薄いなどのデメリットもあります。賃貸物件は収益を上げないといけないので、最低限の費用で作られている場合が多いでしょう。

これにより夏は暑い、冬は寒いなどのデメリットがあります。

借家のデメリットはこんなものでしょうか?年を取ると借りにくくなるという意見もありますが、老後まで借家に住むつもりはないのでそこは考えませんでした。

借家のメリット

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-07-PAK93_kominkanoengawa20130814500-thumb-1000xauto-5001

僕の「生き方」というのは借家の方が」都合が良いと結論付けました。

借家にはメリットもあります。借家のデメリット、メリットを考えた上でマイホームを焦って購入するのはやめました。

ローンの返済に追われなくても良い

今現在、僕の家族構成は「6人家族」です。という事は「大きな家」が必要で、大きな家を建てるのは「お金」がかかるのは当然ですよね。

だけど、後3年弱で長女が社会に出て、長男も4年後には社会人です。4年後には4人家族になっているんです。まぁ、社会に出てからも実家住まいはありますが、その時は大きな家に「引越し」をしようと考えています。

社会に出てから実家に住む以上は、食費や少しの「援助」は貰おうと考えています。それにより「家賃」が上がってもプラスになります。

今、大きな家が必要ですが、子供が手を離れていったらどうでしょ?大きな家は必要なくなります。

今現在の事を考えて「大きな負債」を抱えるよりは、子供が手を離れて2人になった時「小さな家」を建てようかなーと考えます。

今は2000万円の家が必要かもしれませんが、2人になったら半額イ以下の家でも事足りそうですもんね。

修理費がかからない

これも大きなメリットで、台風で瓦が飛んだ、浸水した、修理費は一切いりません。老朽化しても引っ越せば良いんです。

トイレが壊れた、ドアノブが壊れた、こんなのもお金が要りません。

逆にマイホームでは「予期せぬ出費」が年々出てくるでしょう。小さい子供がいる以上、家の中は汚れますし壊れます。

子供が手を離れた事にはボロボロになっている場合が多いでしょう。その点、借家は敷金で補修すれば直ぐに引越しできます。

さらに子供が手を離れた頃に家を建てる余裕があれば、綺麗な家のまま子供達に残せます。

簡単に移動出来る

僕が思う最大のメリットはこれ。僕はね、子供が手を離れて妻と2人になったら日本中、世界各地を旅したいんです。パソコン持ってね。

例えば「熊本に住みたいなー」なんて考えたら、熊本に家を借ります。そんな時に「マイホームのローン」は足かせになります。家にいないのに「ローン」だけ払うのは…。

子供達が小さいうちもそうで、僕は上の子2人が義務教育を終えたら今いる地域から離れようと考えています。

といっても県外とかでは無く、バイクで通勤できる範囲ですがね。気ままに地域を変更できるのは借家のメリットです。

逆にマイホームだと引越しなんて出来ないし、県外に移住も出来ません。僕が考える将来の「やりたい事」を考えると、マイホームは急がなくてもいいと考えます。

最後に

それぞれの考え方があるでしょうが、僕はマイホームより賃貸が良いと結論付けました。

もし、家を建てるのなら貯蓄を蓄えて無理なく建てられるような場合は建てようかな。800万の貯蓄して1000万位の家をね。

良く、「ステータス」だとか「世間体」でマイホームを建てる知人も見かけます。「マイホームのローンの返済」の為に30年も苦しみたくないというのが僕の本音。

借家の場合は、転職した、夫婦どちらか仕事が出来なくなり所得が下がっても、「家賃」を下げれば良いんです。一軒家から「県営や市営」など安い場所に引っ越せば良いんです。

マイホームを「無理して購入」して、所得が下がる状態になった場合はどうしようもないです。焦ってマイホームの購入を考えている方!これらをよーく理解したうえで結論を出しましょう。

僕はこれから妻と2人になった時のために貯金に励みます。今回の結論は以下の本を読んで出しました。非常に興味深い事がかかれていますので、とにかく読んでみる事を勧めます。

金持ち父さん貧乏父さん

新品価格
¥1,728から
(2015/6/7 20:25時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. aki より:

    すごーくわかります(笑)
    無理して建ててはいないし、ギリギリの生活はしてないし、好きなものは買ってるけど、
    ローン組まなかったらもっと旅行に行けるのになーとか考えます。
    結局は、隣の芝は青いわけですよ(*^^*)

    私の場合はやってもやらなくても、
    結局は後悔することがあるので、
    だったらやって後悔する人生にしてますw

    • のんべえ より:

      >akiさん
      建てたら後悔なんてしないほうが良いですよ♪
      マイホームは人それぞれの生活に合わせて建てるのが良いと思っていて、僕は未来の事を考えたら「うーん」となるだけの話です^^

      後悔するなら建てた方が良いですもんね♪