逃げるが勝ち!精神的に病む前に尻尾巻いて逃げてしまおう

PAK85_xvidman20141123104413500

最近は僕の身近にも、精神的な病の人が増えてきました。原因は人それぞれでしょうが、大半が育児、仕事、人間関係が原因になっています。

僕みたいなタイプは精神的な病とは無縁で、なった事もないしなりそうな気もしない。なのでその時の精神状態は分かりません。

ただ、僕だったらどうするか?と考えると「逃げる」でしょう。職場の環境がストレスで、精神的にきついのであれば退職、育児であれば妻に「体調良くなるまで任せた!」、人間関係なら「関わらない」

悩みの種とは関わらない事が一番なので、「逃げるが勝ち」です。逃げずに耐えていると耐え切れなくて体が悲鳴を上げる、もしくは精神的におかしくなります。

そういう状態に何故なるのか?と考えたのですが、「逃げないから」です。学校だってそうですが、イジメにあえば「登校拒否」して逃げても良い。大人だって逃げるのに子供が逃げれないなんておかしいです。

毎日12時間働かされるのが嫌で嫌で…そんな状況なら「退職」しちゃえばいいんです。もしくは会社と時間について話すればいいですよ。

転職を本気で考えるならリクナビNEXTがお勧めです。

悩んでいる人に「そこから逃げてもいいよ」と言うと、「無責任なことをいうな。逃げたあとはどうするんだ」と言われるかもしれません。しかし、先のことは逃げてから考えればいいと思います。逃げるということは場所を変えるということです。その先では、それまでとは違った景色が見えるはずです。そこで一人になって自分を見つめ直すと、やれることが必ず見つかります。
引用 家入一真さん

とにかく「つらいけど耐える」という行為が一番いけないです。「逃げる事は恥じ」だとか「逃げずに戦え」なんていう人いますが、これらは自分の身に降りかかってないから言える言葉。

逃げるという行為は選択肢の中の1つであって、別に恥ずべき事では無いです。

そうは言っても「逃げられない状況」というのもある。そんな時は、「誰かに甘える」事が一番でしょう。子育てでも親、兄弟、託児所などを頼るのも1つの手段。

とにかく1人で抱え込むというのは得策では無いです。1人で考え込まずに相談すれば簡単に解決する事もあるんですよね意外に。

周りに誰も相談できる人がいなければ

無料電話相談リンク集

無料の電話相談所も全国各地に沢山あります。我らが鹿屋市にも育児に関しては、同じ悩みを抱えたもの同士交流する場があります。

http://www.welfare.kanoyashimin.jp/

辛いときは逃げても良いんです。むしろ逃げるのが最善の策にもなります。仕事が少ないこの時代、どうしても逃げられない場合は誰かに甘える。

逃げられる場合は「逃げる」。相談できる相手がいる場合は相談する、電話相談などを使う。簡単な事ですが精神的な病の予防にはすごく有効です。

我慢を重ねて精神的に病んでしまう前に「逃げ」という選択をしましょう。リクナビNEXTは在職中でも転職先を見つけられるのでおすすめです。


さらにMIIDASが転職すべきタイミングを見出します!は、あなたの市場価値を算出してくれます。

どちらも無料のサイトなので、有効に活用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする