海老(エビ)の種類まとめ!エビの全てがここにある!

a1600_000048

食卓には欠かせない「エビ」ですが、非常に沢山の種類があります。天ぷらといえば海老天、フライといえばエビフライと、老若男女問わずに人気の高いエビですが、僕の知っている限りをまとめてみます。

イメージ画像の無いものは随時、追加していきます。

鹿児島では取り寄せないと現物が無いものもありますのでご了承を。

スポンサーリンク

エビの種類まとめ

皆さんは何種類のエビをご存知でしょうか?それでは行ってみましょう!

伊勢えび

写真 2015-04-15 15 57 56

現物を撮影する前に、割ってしまった事は先に謝ります。王道過ぎるほどの王道の伊勢えびです。

高級食材の1つに数えられる伊勢えびですが、味は絶品です。みそ汁、刺身、ボイル、焼きとどんな食べ方をしてもぜいたく品。

希少価値も高く、禁漁期間が設けられています。

パッチンエビ(うちわえび)

写真 2015-04-17 18 51 27

こちらも高級なパッチンが二です。とにかく跳ねる跳ねる!伊勢えび同様、みそ汁、刺身、ボイル、焼きななんでも来いです。

伊勢えびよりは身近にある食材のパッチンエビですが、やっぱり価格的には高級食材になるでしょう。キロ単価は伊勢えびからすると半値くらいなので、伊勢えびは高すぎて手が出せないという方にはパッチンをお勧めします。

伊勢えびと比較すると希少価値は下がりますが、充分すぎるほど美味しいのでお試しあれ。

参考:うちわえびの刺身が美味すぎることを知っているか!?さばき方を解説。

ブラックタイガーえび

写真 2015-04-16 8 51 13

皆さんが一番目にする機会が多い、ブラックタイガーです。高級エビの車えびの味に一番近いといわれるエビになります。

価格も手ごろで、スーパーでの販売数が一番多いエビでしょう。産地に関してはインド、ベトナムがメインで国内では販売されています。

価格は手ごろですが味は本物で、フライにしても天ぷらにしても美味しいです。

写真 2015-04-16 8 28 41

スポンサーリンク

桜えび

写真 2015-04-16 13 35 04

乾燥した桜えびを見る機会は多いでしょうが、僕の地元の鹿児島県では生の桜えびがスーパーにも並びます。

生の桜えびは、刺身でも食べれますし、かきあげにしても美味しいです。鹿屋市では珍しいものでもなく、普通に販売されています。

お好み焼きなどにも重宝されています。

シバエビ

写真 2015-05-28 13 30 53

シバエビは桜えびと同じ程度の大きさなのですが、固さや色が違います。桜えびは揚げると「気にならずに食べれる」のですが、シバエビは口に当たるほど固いです。

単価も桜えびに比べると安く、購入しやすい海老と言えるでしょう。

タカエビ

写真 2015-04-23 14 04 39

県外の方は聞いた事がない方も多いでしょう。鹿児島県の代表とも言えるタカエビです。

時期になると各お店でも販売されますが、鹿児島県内出は高い人気を誇ります。ブラックタイガーと同様で、フライ、天ぷら、ボイル、焼きと何でも使えます。

ちなみに刺身でもめちゃくちゃ美味しいです。

写真 2015-04-23 14 24 58

刺身に関しては癖も無くとても美味しく食べれます。鹿児島県民として、勧めときます!

ぞうりえび

写真 2015-05-01 13 10 49

こちらも高級品のぞうりえびです。見てくれは微妙ですが、まじで美味しいです。

刺身、ボイル、みそ汁とパッチンえびと変わらぬ調理法になりますが、パッチンえびよりも身が締まっていて美味しいです。

写真 2015-05-01 14 08 52

刺身は1匹から本当に少量しか取れませんが、しびれるほどの美味しさです!

バナメイえび

写真 2015-04-24 9 54 38

バナメイエビは一時期、激安で販売されていたのが記憶にあります。産地はブラックタイガー同様、ベトナム、インドですねー。

普通に美味しいエビで、需要が高くなってブラックタイガーと価格が変わらなくなりました。

甘エビ

写真 2015-04-29 20 31 46

甘エビは上の写真の商品は見た事ある方は多いでしょう。スーパーでも良く見られます。写真はグリーンランド、カナダ産がメインの甘エビ。

国内で甘エビというと北海道ですね。北海道の甘エビは本当に美味しいです。

ボタンエビ

a01_105

こちらも高級エビのボタンエビです。画像は素材画像使わせてもらいました。

こちらも北海道が産地のエビですが、実は富山も産地としては有名のようです。刺身は絶品の一言。

アカエビ

写真 2015-05-12 13 04 26

鹿児島県では「甘エビ」とか読んじゃっていますが、これはアカエビ(ナミクダヒゲエビ)というエビです。

刺身でもフライでも美味しいのですが、やっぱり刺身が美味しいですね♪

参考:鹿児島のナミクダヒゲエビを知っているか!刺身でも寿司でもうまいんです!

足赤エビ(アシアカえび)

写真 2015-06-18 17 43 39

ぱっと見はブラックタイガーや車えびと似ている「アシアカエビ」ですが、その名の通り足が赤いのが特徴です。

塩焼きやフライで美味しく食べられます。キロ単価は非常に高いです。

アカザエビ

写真 2015-10-20 13 03 18

非常に珍しいエビです。高級エビの1つで、上品なアジは一度は味わって欲しいです。

セミエビ

写真 2015-10-10 12 34 16

僕の地元ではウルトラマンなんて呼ばれています。正式名称は「セミエビ」です。

キロ単価は非常に高く、伊勢えびより高い場合も。

車えび

画像はありません。踊り食いで有名な車えびですが、高級エビの1つです。

外見はブラックタイガーに似ていて、味もブラックタイガーに近いといわれています。

イリアンタイガー

インドネシア産が主だった赤っぽいエビです。数年前に日本国内でも販売されていましたが、最近はほとんど見なくなりました。

国内では有頭のものが多く出回っていました。個人的には好きなエビでしたねー。

ホワイトタイガー

ホワイトタイガーはまだ販売しているお店もあるかな?ブラックタイガーがあるように白いエビ(ホワイトタイガー)もいるんですよ。

ホワイトタイガーも一時期流行しました。ブラックと比較すると味は落ちるという意見が多かったですが、個人的にはそんなに変わらないように感じました。

アルゼンチンエビ

アルゼンチンエビはその名の通りアルゼンチン産のえびです。国内で出回っているものは生食用として販売されていて、回転寿司などでは活躍しています。

刺身は解凍になるので国内の生えびと比較すると、若干癖があるように感じます。

さて、知っているエビが何種類あったでしょうか?

知っているエビを挙げてみましたが何種類のエビをご存知だったでしょうか?

エビはたくさんの種類があって、他にもシバエビ、アシアカエビ、天然オーストタイガーなどの種類があります。

アシアカエビはブラックタイガーの足が赤いバージョンだっと思ってください。鹿児島在住なら見る機会はあるでしょう。

エビは料理の幅も広く、よく使われる食材の1つです。色んなエビを食べてみるのも面白いかもしれませんよ^^

貝の種類もまとめてみました!貝の種類まとめ!僕の周りの食用の貝をまとめてみました。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

海老(エビ)の種類まとめ!エビの全てがここにある!
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする