【鹿屋市】養殖サバの刺身を実食!安心して食べられる養殖サバは脂が多すぎました

写真 2015-04-18 13 42 01

鹿児島県では首折れサバが有名です。この首折れサバ、鹿屋市では刺身で食べる事が出来ます。

サバの刺身というと県によっては「え!?サバが生で食べれるの??」という反応ですが、鹿児島県ではサバを刺身で食べる事は珍しくありませんでした。

しかし、近年「アニサキス」がサバに入っている状況が多くなり、地場の魚屋さんやスーパーでも、サバを刺身用で販売するのを控えています。

そこで登場したのが「養殖サバ」、養殖サバはアニサキスを心配する事も無く刺身で食べる事が出来ます。

僕が住んでいる鹿屋市でも、養殖サバの販売が見られます。本日、養殖サバを実食してみました。

一番上に表示されているサバは養殖サバです。この養殖サバを刺身で食べてみました。

写真 2015-04-18 18 58 44

これは三枚卸の状態のサバ。最近ではスーパーでも「調理」のサービスが強化されていて、3枚卸までは何処のスーパーでも調理してくれます。

写真 2015-04-18 18 58 49

これを切った状態なのですが、感想としては「刺身」としてはお勧めしないです。

通常のサバに比べ「脂」が桁違い。5切程度なら美味しく食べれますが、それ以上は「うっ」となります。

つまり「脂」が多すぎるのです。天然物のサバは「脂」がそんなに多くなく、刺身で食べる位なので鮮度が良い事は言うまでも無いでしょう。

天然物のサバは脂が程よくコリコリとした食感があり量を食べれるのに対し、養殖サバは人工的な脂なので少量しか食べれません。

加熱調理(フライ、焼き)の場合は脂があるので美味しく食べれますが、サバ本来の味を楽しみたいのであればお勧め出来ません。

アニサキスの恐怖を心配する事無く、サバの刺身を食べたいのであれば養殖サバ。サバ本来の味を楽しみたいのであれば天然サバでしょう。

フライ、塩焼きにしてもサバ特有の味はありませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

やっぱりアニサキスが恐いのは間違いないですが、養殖サバは脂がある事以外は良い所は無です。

今回、養殖サバを実食してみて感じた事は、やっぱり天然サバには敵わないという事。だからこそ、天然の資源を大事にしないといけないと改めて痛感しました。

サバの刺身は絶品です。もし、鹿児島に来る機会があったら「天然サバ」の刺身を是非、食べて下さい。

人工的な養殖サバの刺身はやっぱりお勧めできないです。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

【鹿屋市】養殖サバの刺身を実食!安心して食べられる養殖サバは脂が多すぎました
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする