3つの習慣を身に付けよ!それが社会で生き抜く大事なスキルになる。

BL010-aremoshikashite20140810500

今年から新天地でのスタートの人も多いでしょう。思い出しますねー、始めて就職したときの事を。

社会に出たあなたには、上司や同僚が出来る訳です。これらの人間としっかりとコミニュケーションを取る事が、これからのあなたの未来を左右する事になります。

コミニュケーションをうまく取る為に、大事な3つの習慣を身に付けましょう。これが社会で生き抜くコツになります。

これ、書いていて感じたのですがブログにも通じるものがあります。

スポンサーリンク

挨拶

基本中の基本ですが「挨拶」が、しっかり出来ない人は多いです。この挨拶が出来ない人間は出世なんてまず無いでしょう。

どんな挨拶をする事が大事なの?について説明します。

まず、皆さんは「挨拶」はどのようにしています?僕が見ている限りでは、社会に出て何年も経過している人でも出来ていない人が多い。

例えば朝「おはよう」の挨拶、しっかりと相手を見て挨拶できてますか?

この挨拶をしっかりとする事で、あなたの印象は全然違ったものになります。ポイントは「笑顔」で「元気に明るく」、「しっかりと相手を見て」挨拶しましょう。なrべくなら「自分から」を心がけましょう。

初対面ならなお更、相手はあなたがどんな人だろう?と考えます。そんな時に暗い顔で下を向いて挨拶したなら、相手に「暗い」印象を与えるでしょう。

日によって気分が違うのだから、毎日元気になんて無理だろう!これ、完全に言い訳。たった一日だけの話では無いんですよ。

「日々の」挨拶の話をしている訳で、気分が悪いとか体調悪いとか言い訳になるんです。というか、私情を会社に持ち込んでいる時点でアウト。

自分の精神状態、体調、モチベージョンは確かにありますが、「挨拶のプロ」になりましょう。これであなたへの好感度アップ間違いなし!

お礼

感謝した、助かった場合は必ず「お礼」をしましょう。御礼をすると言っても、手土産もって行けというわけではありません。

口頭で良い。「ありがとう」、「助かりました」、「お世話になりました」など、誰かに協力を貰った場合はしっかりと気持ちを伝えましょう。

これが出来ないと、次の協力は期待出来ない事になります。さらに、お礼を言わない事で相手に気持ちが伝わりません。

気持ちが伝わらない事のデメリットは

「迷惑だったのかな?」

「役に立たなかったのかな?」

「助けても感謝する気持ちを持てない人なのかな?」

など、相手も疑心暗鬼になります。こうなる事で「人間関係」にも亀裂が生じ、結果として職場のメンバーとうまく行かない場合も。

ありがたい気持ちは、心で思っているだけでは無くしっかりと相手に伝えましょう。

報告

PAK86_mouichidoitte20140713500

誰かに何かをして貰った場合、お世話になった相手には結果を報告しましょう。これ本当に大事。

自分に置き換えてみましょう。例えば、彼女を探している後輩にあなたが知人を紹介したとします。その後の報告は欲しいですよね?

詳細はいらないのですが、うまく行った、うまくいかなかったぐらいの報告、お礼は欲しいところです。もし、後輩が「紹介してもらうところまでは感謝だけど、それ以降は自分の力。感謝する必要は無い」

なんて言った日には…..ね。そうですよね。ぶんなぐっtenjpaoka….

さらに上司との信頼関係を築くには「報告」は一番重要とも言えます。報告が早い、正直な報告を心がけることで上司からの評価も上がるでしょう。

最後に

前述してきた3つの事は「習慣」付ければ、普通に出来るようになるものです。これらの3つがしっかり出来る事で、会社からの評価は必ず上がります。

同期のメンバーにも差を付ける事が出来ます。社会に出て頭角を表す為にも最低限のスキルは身に付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク