保険をかけてるブログはつまらないらしい。保険をかけずにズバッと切り込めるブログを育てようと思う

MAX77_tabakosuu20141025162807500

ブログで情報発信する際に、「保険」をかける書き方はNGだという話を聞きました。

この保険をかけるというのは、冒頭に「知人が書けといったので書きました」とか、「情報は確かでは無いかも知れないけど」など、間違っていた場合に逃げ道を用意する事です。

これを聞いて、そして読んで「なるほど。」と考えました。確かにその通りです。

スポンサーリンク

僕の記事を振り返る

ついさっきまでの僕のブログの記事は、「間違っていたらすいません」という表現や、「情報は確かではありませんが」などの保険がチラホラ見られます。

さらに、「~だと思います。」、「~かも知れません」という表現も多い。これって確かに良くないですね。

「これは間違いないと思います。」は、「これは間違いないです。」と比較すると説得力が違います。

正直な話、文章については僕は全く勉強してません。

その僕でも分かるくらい「説得力」が違います。例えば「その色は青だと思います」は、あくまでも”個人的にはそう思う”という感想。

「その色は青です」は断言しているので、「青」一択になるわけです。

「青だと思います」は、僕は青だと思いますがみなさんはどうでしょう?という意味になるのかなー?

難しい事は分かりませんが、今後の僕の課題にもなりますので調べてみます。

保険をかけない勇気を持とう

Green25_uriage20141123154335500

保険をかけないことで、完全に自分の意見として記事を書かなくてはいけません。もちろんアンチも生まれてくるのは明白です。

間違っている、間違っていない、は関係ありません。アンチというのはそういうものです。

ブログのアクセスアップには「被リンクの獲得」が必要という噂があります。

という記事を

ブログのアクセスアップには「被リンクの獲得」が必要だ。

こういう文章になる訳です。保険をかけていないので間違った情報の時は「やっちまった…」ですが、正しい情報の場合は「このブログ信用できる」になります。

誰が読んでも当たり障りの無い記事を書くよりも、アンチが生まれるくらいの記事を書いていくのが、いろんな意味で正解でしょう。

だからこそ情報発信は慎重に

「情報」を発信するのは慎重にならなくてはいけません。

頻繁に間違った情報を発信していると、ブログの信用を落とします。逆に正しい情報を発信しているブログには「信用」が出てきます。

保険をかけない記事は確かに大事ですが、しっかりと情報の信憑性を確かめた上で情報発信しましょう。

書く記事が全て「一か八か」になるとメンタル面も大変ですもんね 笑

トレンド記事のように「スピードが命」という場合でなければ、しっかりと情報収集して正確な情報を発信しましょう。

まとめ

保険をかけている記事を読み返してみましたが、当たり障りの無い記事というのは読む側もつまらないです。

読者が望んでいるものは

あなたの意見はどうなの?

という事です。

あなたのブログ面白いの?と質問された時に

面白いと思います。では無く、面白いです。と答えられるように頑張ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク