過去記事の修正!過去記事の修正で流入は上がったり下がったりと忙しかった。過去記事を見直すときに気をつけたい事

OOK75_prezensurudansei20131223500

検索流入を上げるには過去記事のメンテが必要になってきます。過去記事の修正を12月から少しづつ実行してきました。

もし、これから過去記事を修正しようとしているのなら、最後まで読んでいて損は無いでしょう。

どんな記事の修正をするのか?どのように修正するのか?を書いてみます。

スポンサーリンク

過去記事の修正をする場合

過去記事の修正をする記事。

・開設初期のページでボリュームが明らかに足りない記事
・当時の考えと今の考えが全く違う場合
・当時のコンテンツに追加したい情報がある場合
・検索順位を伸ばしたい場合
・ブログ全体の評価をあげたい場合
・タイトルを変更したい場合

ざっと挙げましたが、上記の理由の場合が多いと思います。これを1つづつ解説していきたいと思います。

開設初期の記事でボリューム不足の記事の過去記事の修正

PP_sawagani500

これはよくある記事。開設初期に、やっべー!毎日更新しようと目標立ててたのに、記事ネタ思いつかねーよ!とりあえず適当に更新じゃー!という記事があると思います。

更新する事を目的として更新した記事。誰かのためとかじゃなく自分のために更新したあれです。心当たりあるでしょう?キーワードが設定してあるけど、中途半端になってしまった記事は修正しましょう。今のあなたなら出来るはずです。

同じキーワードでもう1記事書けばいーんじゃ?なんて声が聞こえて来そうですが、同じキーワードの記事が2つあると重複コンテンツとみなされる場合もあるので、同じキーワードで記事を2つ書くよりは過去記事を修正した方が良いでしょう。

修正しても文字数(ボリューム)が不足している場合は、他の過去記事でボリューム不足の記事とくっつけるのも効果的です。

例えば、「基礎代謝」という記事、「筋トレ」という記事を1つのコンテンツにまとめてしまいます。これでボリューム不足は解決されます。

結果、コンテンツの評価は上がります。

当時の考えと今の考えが違う場合の修正

当時の考えを記事にしたが現在は全く異なる考えの場合。さらに当時の考えは間違っていると気付いた場合も同じです。

へいへいへいへいー!記事数が100記事超えたらアクセス上がるよー!とにかく記事数100記事目指せよおまいらー!

ここから3ヵ月後…。

記事数=アクセスでは無かった……。

こうなった場合は修正が必要です。修正というより、過去記事は削除して今の考えを新規追加しましょう。「一部」考えが変わった場合、間違っていた場合は「修正」が必要です。

しっかりと見直して、今の自分の考えと異なる部分は修正していきましょう。

当時のコンテンツに追加したい情報がある場合

過去記事を修正する場合で、一番多い理由がこれでしょう。

あの頃の俺は若かった。こんな記事ありません?僕は大量にありました。

ブログを続けていると毎日自分も成長します。しっかりと勉強しながらブログを続けていれば、3ヶ月前の自分はそこにはいません。知識なんて段違いになっているはずです。

過去の記事に自分の新しく得た知識はどんどん追加していきましょう。

検索順位を伸ばしたい場合

検索順位を伸ばしたい場合は、ウェブマスターツールの「検索クエリ」を参照すると良いでしょう。検索クエリから分かる事は、キーワードの表示回数、クリック数(率)、平均掲載順位を確認する事が出来ます。

Googleの検索結果は1ページに10記事が表示されます。つまり10位以内と11位では表示回数が全然違ってきます。

平均掲載順位が、11位~19位までの場合は、ボリュームを増やす、情報を追加するなどして10位以内を目指しましょう。10位以内に入る事で検索結果1ページ目に表示されるので、流入数は違って来ます。

ブログ全体の評価を上げたい場合

MAX76_gjmax20140531500

現在のSEOでは、質の低いコンテンツがあるとブログ全体の評価が下がると、言われています。ということは、過去記事の「質」が低いと判断できるコンテンツは、「修正」しなければサイト全体に影響するという事。

自分の判断で、「質」の低いコンテンツは「noindex」にするか、修正できる記事は修正する事が大切です。

ブログ全体の評価は下げたくないところですね!

タイトルの変更

タイトルの変更は大事ですが、どんなタイトルを修正すれば良いのでしょう?

僕の場合はこんな感じ。

・キーワードが前半に来ていない
・訳分からないタイトルになっている
・検索順位は上位なのにクリック率が極端に低い

上記の場合は「タイトル」を見直しています。色んなブログでも書かれていますが

クリックするかしないかはタイトルで80%決まる!なんて言われています。

これ、本当。自分自身でも考えてください。

検索する場合にタイトル見てクリックしていません?具体的に内容が伝わるタイトル、興味を引くタイトルをどうしてもクリックしてしまいます。

クリック率が低い場合はタイトルを見直してみましょう。

過去記事を修正する場合に気をつけたい事

過去記事を修正する場合に気をつけたい事があります。本当に簡単な事なのですが、過去記事を修正したらウェブマスターツールの、「Fetch as Google」で必ずクロールを依頼するという事です。

修正した事をGoogleに伝えましょう。早く伝える事で修正の内容が早く反映されます。

最後に

過去記事を定期的に編集する事は、サイト全体の評価のアップにもつながります。

お宝の宝庫の「過去記事」を眠らせとくのは勿体ないです♪

定期的に「過去記事」もメンテしてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク